続発性不妊の鍼灸施術について

続発性不妊

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「続発性不妊は東洋医学の鍼灸で根本改善を目指そう」と題してお話しします。

続発性不妊とは

続発性不妊というのは、2人目のお子さんを妊娠出産したいと希望しても、なかなかうまくいかない状態を指します。

続発性不妊の原因

この原因として考えられるものの筆頭が、最初の分娩の際に何らかの感染症を起こしたということです。

次に、産後にクラミジア感染症を起こしたというもの。分娩に際してか、産後なのかという違いです。

3つ目は、器質的、構造的な問題で卵管が詰まっているというもの。

続いて、性生活が減った――つまり、妊娠するチャンスの減少です。

さらに、老化も続発性不妊の原因になります。1人目の出産をへて、生命力が落ち、妊娠しにくい身体になったということです。

西洋医学の不妊治療が必要なケース

これらの原因の中で、病院、西洋医学が特に介入しなければならないのは、卵管の詰まりです。この問題においては、病院で検査し、対処しないことには妊娠できません。

さらに、感染症などに関しても、抗生物質などを服用することが解決への道なので、西洋医学での対処が必要です。

東洋医学による鍼灸

その他のケースで有効なのは、東洋医学です。東方医学で鍼灸施術に当たれば、精力を上げることができ、妊娠のチャンスを増やすことも可能です。また、生命力を上げ、老化を防ぐこともできます。

東洋はり灸整骨院にも実際に、続発性不妊を訴えて来店される方がいらっしゃいますが、東洋医学的な視点で鍼灸施術することで、無事克服されるケースも多数にのぼっています。

続発性不妊について 解説動画

不妊体質を改善されたお客様との対談

※施術効果には個人差があります。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、続発性不妊についてお話させていただきました

続発性不妊に東洋医学は有効です。

今現在、続発性不妊でお悩みの方は、東洋医学専門の鍼灸を視野に入れ、選択肢にお加えください。