【不妊症】人工受精を成功させたいなら東洋医学専門の鍼灸院へ

不妊症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「人工授精での妊娠率を上げるには東洋医学の鍼灸を!」についてお話しします。

不妊症と人工受精について 解説動画

東洋医学の不妊治療

石丸昌志

  • 自然妊娠の妊娠率を上げたいとお考えの方
  • 病院で人工授精をしておられる方

におすすめしたいのが、東洋医学の鍼灸施術を受けることです。これによって自然妊娠の妊娠率、人工授精の妊娠率をさらに上げることができます。

当店においても、妊娠を望まれる方たちがたびたび妊娠に至っています。

東洋医学が有効な理由

鍼灸

東洋医学にこうした効果があるのはなぜでしょうか。

その理由のひとつが、生命力を高め、妊娠しやすい身体を作るのが東洋医学だからです。

東洋医学的な力を取り入れれば、新しい命を生み出すための生命力が高まります。生命力があるところにこそ新しい生命が生れることを考えると、生命力が低いままでいくら人工授精をしても、妊娠率は上がらないのです。

体全体をみる東洋医学

東洋医学は、身体全体を見ることで、不妊症につながる現在の身体の不調を取り除き、妊娠に向かわせる力があります。

  • 冷え症
  • 偏頭痛
  • 鼻炎
  • 肩こり
  • 逆流性食道炎

といったさまざまな症状と妊娠、人工授精の成功率に関係があると考える方は少ないかもしれません。しかし、その方の生命力が高まってこそ、生命が生まれるものです。

妊娠しやすい体作り

妊娠

健康な男性と健康な女性の間には子どもが生まれるものですが、なかなか妊娠に至らないのは、何らかの身体の不調があるからだと東洋医学では考えます。

身体のどこかが不調なのであれば、妊娠率も上がりません。このため、東洋医学の施術によって現在の身体の不調を取り除き、妊娠しやすい身体を作っていく必要があるのです。

東洋医学の歴史

東洋医学

東洋医学はさらに、日本国内に限っても1400年以上の歴史を持ち、不妊症に対する改善法を確立しています。

そもそもの成り立ちを考えると、4000年を優に超える歴史があり、日本人の身体に染みついた医療でもあります。

日本人のDNAに密接に関わる英知だといえるかもしれません。そういった英知の結集を用いることは、人工授精の妊娠率を上げることにもつながるのです。

日本国内では現在、西洋医学が明治維新以降、主流になっているのですが、実は東洋医学は1400年も日本国内で歴史をもった医学なのです。

日本人のDNAには切っても切り離せないくらいに染み込んだ医学なのです。

そういった東洋医学の実績、英知の結集で、不妊症に対する改善法が確立されておりますので、これを徹底的に実践していただくと、自然妊娠の可能性が上がるということです。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、不妊と妊娠についてお話させていただきました。

  • 自然妊娠による妊娠率を上げたい
  • 病院での人工授精に加えて何らかの施術をしたい

とお考えの方は、ぜひ東洋医学の鍼灸施術を受け、妊娠の喜びを味わっていただきたいと願っております。