伝統的な東洋医学とは

一般的に東洋医学と言われると、鍼灸、漢方などを思い浮かべるのではないでしょうか。

その中で、適応範囲が広く・即効性が高いのは、鍼灸です。

一般的な鍼灸院では、鍼灸業界では最高峰と言われる「経絡治療」での施術を行っておりません。

しかし、当院は一般的な鍼灸院とは違い、本物の東洋医学=「経絡治療」を行っております。

具体的にどのようなことが違うのか、こちらのページで説明いたしますので、ぜひご覧ください。

東洋医学による伝統的な鍼灸とは

写真

鍼灸には、様々な流派が存在します。その中でも、鍼灸業界で最高峰と言われる「経絡治療」というものがあります。

鍼灸の最高峰である「経絡治療」は、東洋医学に素直に則った伝統的な鍼灸です。

東洋医学とは、人類の歴史の結晶であり、長年の経験の蓄積で成り立っているものです。

例えば、以下のような経験を膨大な時間をかけて事実を蓄積していきました。

  • お腹が痛くて苦しんでいる人に、背中にお灸をしたら良くなった。
  • 腰が痛くて苦しんでいる人に、膝の裏に、鍼をしたら改善した。
  • 子供が出来にくい婦人に、足にお灸をしたら子供ができた。

それらを集めて、自然の摂理と融合させ、体系化していったのです。

そして、実際の施術法として確立するのに「四診法」という、今でいうカウンセリング法を作りました。

四診法とは

望診 = 視覚を通して病態を診察する方法
聞診 = 聴覚・嗅覚を通じて病態を診察する方法
問診 = 問いかけと応答により病態を診察する方法
切診 = 脈・腹を診て病態を把握する方法

これらのカウンセリングをもとに東洋医学的な病名をつけ、施術に移るのです。

また、「経絡治療」では施術中に、「脈 」「お腹」 の変化を何度も確認し、施術前と施術後の違いを把握し、病が回復するのを期待できる状態にして施術を終えます。

これが、正真正銘の東洋医学の鍼灸である「経絡治療」です。

しかし、現在この「経絡治療」を用いて施術できる鍼灸院は、全体の2%未満と言われています。

その理由は、知識、技術を習得するのに、難解かつ多大な努力と時間を要するからと言われ、鍼灸師から敬遠され、安易な鍼灸施術の道に進む方が多いようです。

ですので、ほとんどの鍼灸院では、「脈」も「お腹」も診ないで施術を行っているのです。

これでは、東洋医学の本当の力を出す事ができません。

東洋はり灸整骨院は東洋医学の真髄であり、最高の力を発揮できる「経絡治療」一筋です。

それにより、改善率は極めて高い鍼灸院だと自負しております。「鍼」と「お灸」をするのなら、人類の歴史の結晶である「経絡治療」で鍼灸をしてこそ、お客様の悩みを解決できると日々の臨床を通じて、確信しております。

2. 東洋医学による鍼灸について

人体を「家」に例えてお話しします

肩こりや腰痛などの慢性痛・痛み止めが手放せない偏頭痛や生理痛、不妊症や女性に多い冷え性。

その他、高血圧や花粉症、鼻炎などの症状、ドライアイ、足がつる・・・などあらゆる病気の状態を「家に火事が起きている」状態とします。

巷で行われている治療法は、単に火事が起きているので炎を消す作業に過ぎず、どうして火事(病気)が起きたかという根本原因を考えない治療がなされている為、再発を繰り返したり、慢性的な症状としてその人に襲い掛かります。

写真

一方、当院で行っている鍼灸は、東洋医学の根本理念の一つである「未病を治す(ちす)」というように、病気になる前に病を防いだり、病気にならない体をつくります。

その結果、火事(病気)は起こらなくなります。

このような東洋医学の考えこそが「本物の鍼灸」になると確信しております。

現実に、東洋医学をもってすれば、風邪一つひかない体をつくることも可能です。

科学では昨日まで真実だと信じられていた事が、「今日新しい理論が発見され嘘になりました」 などという話もしばしば聞きますが、本物の東洋医学は4000年前から現在まで不変的なものです。

東洋はり灸整骨院は、4000年前から変わることの無い純粋な東洋医学一筋で施術をしております。

あらゆる症状で、長年薬漬になっている方も東洋医学専門の鍼灸なら改善に導けると確信しております。

東洋はり灸整骨院は、病を抱えたお客様を情熱とともに、本物の東洋医学で治癒へ導く事を信念としております。
また、お客様には開業当初より信頼してお越しいただき、選ばれ続けております。

3 鍼灸の適応例について

WHO 伝統医療認定へ

■漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ

漢方薬や鍼灸(しんきゅう)など日本や中国の伝統医療が、今春にも開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針であることが8日、関係者への取材で分かった。具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加される。100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながる。

関係者によると、WHOが伝統医療に注目したのは、同機関で扱う医療の統計が西洋に偏り、伝統医学での治療に依存しているアジアなどでほとんど統計が取られていないとされる「情報格差」を埋めることが目的にあるという。

ICDは1900(明治33)年に初めて国際会議で承認、日本でも同年に採用された。約10年ごとに改訂され、現在は全22章から成るが、日本や中国などに根差した「伝統医療」が新しい章として加わる。病名や患者の体質を示す「証(しょう)」が約300項目記載されるという。

出典:平成30年1月9日 産経新聞より