二人目不妊でお悩みの方へ

二人目不妊

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「二人目不妊」についてお話しします。

東洋医学の考え

東洋医学

東洋はり灸整骨院にも多くの方が二人目不妊の悩みを抱えて来店されますが、そうした方は、不妊以外にも

  • 冷え症
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 生理痛
  • 胃腸障害
  • 不眠症

といったさまざまな症状を持ち合わせておられるケースが多数にのぼります。

こうした症状は身体の不調のサインで、身体が万全ではないということです。

西洋医学の考え

カウンセリング

しかし、不妊専門の病院では、ホルモンの数値や妊娠に関係する婦人科系の部分しか考慮しません。その他にどのような病気を持っているかには眼を向けません。

問題があると思われる部位を局所的にみるのも非常に重要なことですが、ホルモン施術や数値の検査を行っても、生命力が上がるわけではありません。

ここに、生命力そのものを上げる東洋医学を併用することでその効果を上げることができる――私はそう考えています。

東洋医学は全身を包括的にみる

説明

対する東洋医学では、常に身体全体を視野に入れ、全体を施術しつつ、妊娠しやすい身体をつくっていきます。

たとえば、不妊を訴える女性に冷え症があるとします。すると、冷えた血液が心臓に戻る過程で子宮を冷やしてしまうため、二人目不妊につながっている可能性があると考えていくわけです。

また、生理痛がある女性は、婦人科系に異常がある可能性があります。これは、身体の不調のサインです。その不調を取り除くことで、妊娠しやすくすることも可能です。

こうした不調の他に、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 円形脱毛症
  • 喘息
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 不眠症
  • 胃腸障害
  • 逆流性食道炎

などの症状があれば、東洋医学の施術をしない限り、問題は解決しません。

まずは、鍼灸施術で現在の身体の不調を取り除き、健康で生命力のある体をつくることが重要です。特に、生理不順や生理痛がある方は、二人目不妊につながる大きな問題なので、改善する必要があります。

女性の体

疑問

女性の身体は、最初の「出産」という命がけの行為で、生命力を落としています。さらに月日が経過することで、老化も始まります。ここに加えて、生理不順や生理痛といった症状があることで、さらなるダメージを受けてしまうということです。

だからこそ、こうした症状を取り除き、生命力を上げる鍼灸を行うことで、二人目不妊を乗り越えていかねばならないのです。

食事と漢方

漢方

これに加えて、食事を見直したり、漢方を併用することで、妊娠する可能性はさらに上がります。お子さんを生んだ経験がある方は、身体の機能改善によって妊娠できる確率が高いと言えます。

そのためにも、生命力のある食べ物を摂るように心がけましょう。食べ物は、身体をつくる源であり、新しい命をつくる源です。

食事の見直しはやはり大切です。身体をつくるのは、食べ物です。その身体で新しい生命をつくろうとしているわけですから、食べ物の見直しが必要なのも自明の理です。

食生活を見直そう

食生活

以下、心がけていただきたい食生活について解説します。

発芽玄米

食事の見直しの一例が、発芽玄米を摂ることです。

通常皆さんが摂っているであろう白米は、水に入れていると腐っていきますが、玄米は、水に入れることで発芽します。これは、玄米の一粒一粒が生きている証拠。その一粒一粒が生命の源であり、生命力豊かなことを示しています。

そうした生命力豊かな玄米や発芽玄米を食事の中心におくことをおすすめします。

種子類

次に、ひまわりの種やかぼちゃの種といった種子類を摂ってください。種子類は、スーパーなどでも手に入れることができます。

子どもをつくるためには、種子が必要です。精子と卵子のどちらにも「子」とつきますが、種「子」を摂ることで生命力を上げてください。

一物全体の粗食

さらに、一物全体の粗食を心がける必要があります。一物全体というのは、できるだけ丸ごと食すということ。

玄米や種子類もそのうちのひとつですが、魚を摂るに際しては、頭から尻尾まで食べられる魚を選んでください。大きな魚を切り身で食べるのはやはり部分食です。ひとつ丸ごとの命をそのままいただくことで、生命力も上がります。

血液の汚れ

また、血液を汚すような食べ物を避けてください。

東洋医学では、万病は血液の汚れから生じると言います。血液の汚れがあらゆる病を引き起こすということです。

身体は、血液が循環することで全ての機能を果たしています。血が行きわたらないところがあれば、そこから腐っていくほかありません。そうした働きを持つ血液を汚さないことが、身体を充実させることにつながるわけです。

汚れた血液では、身体に栄養をいきわたらせることができません。

血液を汚す食べ物の一例を挙げると、白砂糖や人工甘味料があります。

これらは、身体によいものではありません。お菓子を避け、白砂糖や人工甘味料の代わりにきび糖やてんさい糖を使用してください。これらは、スーパーで手に入れることもできます。

過度な肉も血を汚す

過度な肉食も、血を汚す原因です。

そもそも、肉というのは血液を汚すものです。肉食は避けるべきですが、どうしても食べたいのであれば、鶏肉がおすすめです。

先ほどの一物全体の考え方からすると、牛や豚と比べて、ひと塊の肉がその全体像に占める割合が高いため、一物全体に近づくのです。

私も、摂取している肉の9割は鶏肉で、残り1割近くが豚肉です。牛肉はほとんど食べません。

食品添加物

食品添加物も危険なものですので、避けるべきです。

日本国内では現在、1500種類程度の食品添加物が存在しています。実際にそれらを全て排除するのは不可能と言っても過言ではありませんが、食品の中に何が入っているのかを確かめてから購入する習慣を身につけてください。

何が食品添加物なのかわからないという方は、台所にないものは全て食品添加物だとお考えください。乳化剤やpH調整剤などは、台所にはないものですから、食品添加物ですね。

加工食品

加工食品には、多くの食品添加物が含まれています。賞味期限が異常に長いことを考えても、食べることを避けるにこしたことはありません。

レトルト食品やカップ麺などは、食品添加物の塊のようなものです。

二人目不妊について 解説動画

不妊体質を改善されたお客様の声

※施術効果には個人差があります。

おわりに

石丸昌志

いかがでしたか?

本日は、二人目不妊についてお話させていただきました。

本記事で紹介した食品に注意し、生命力を復活させることで、妊娠していただけるよう願っております。