洗顔でシミが治らない理由について

シミ

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

本日は、洗顔でシミが治らない理由についてお話しします。

シミ・お血について 解説動画

洗顔料でシミは消えない

女性

世の中にはシミで悩んでおられる方が多数おいでになり、シミ用の洗顔料も販売されています。しかし、そうした洗顔料で顔を洗ってもいっこうにシミがなくならなかったというお声もよく聞かれるのが実際です。

シミが消えなかった理由はどこにあるのでしょうか。

東洋医学では、身体のごみ捨て場が皮膚であると表現します。身体の中に溜まった悪いものが、皮膚から出ていくという意味です。

シミも、皮膚から出てきた身体の中の悪いものです。外側をどれほど洗い、きれいにしても、出てきてしまうにはこうしたわけがあるのです。

お血

血液

身体の中の悪いもののひとつが、「お血」です。「お血」は、東洋医学独自の表現で、血液が汚れているという意味になります。

「お血」が体内にあるかどうかを判断するためには、足の静脈を見てみてください。本来は青く見えるはずの静脈が紫色になっている場合は、「お血」があることは疑いありません。

シミ以外の症状

「お血」がある方には、シミ以外の症状もあるはずです。

  • 月経障害
  • 生理痛
  • 生理不順
  • おりもの
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫

などの症状や、頭痛を訴える方も少なくないでしょう。

悪い血では筋肉を潤すことができず、肩こりや腰痛の症状もあります。マッサージや整体、整骨院では改善しようがない症状です。

また、乾燥肌や髪の毛のパサつきなども、「お血」の影響です。どれほどよい保湿剤やトリートメントを用いてもすぐに乾燥してしまうのは、悪い血では髪の毛や肌を潤すことができないからです。

さらに、身体を温めることもできず、アレルギー冷え性巻き爪にもなりかねません。

お血は汚れたガソリン

車

身体を車に例えると、「お血」は汚れたガソリンです。

どれほど新しく、よい車であっても、ガソリンが汚れていれば正常に働かないように、悪い血が流れていれば、身体も正常に働きません。

悪い血をしっかり施術しない限り、症状を改善することはできないのです。

お血の改善法

食事

お血を排除するためには、まず食事を見直し、

  • 食品添加物
  • 牛肉
  • 牛乳
  • 白砂糖

といった「身体を汚すもの」を極力摂取しないようにしなければなりません

また、東洋医学によって「お血」を鍼灸施術することも必要でしょう。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、シミについてお話させていただきました。

より早くシミを消したいと望まれるのであれば、西洋医学と東洋医学双方のメリットを取る方法もあります。

まず、病院でレーザーをしたのち、東洋医学で「お血」をしっかり鍼灸施術することで、シミの症状は改善していくでしょう。ぜひお試しください。