突発性難聴でお悩みの方へ

突発性難聴

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、突発性難聴でお悩みの方へ「東洋医学専門の鍼灸を推奨する理由」と題してお話しします。

突発性難聴について 解説動画

突発性難聴は治らない?

突発性難聴の症状があらわれた場合、ほとんどの方が耳鼻咽喉科を行かれるのではないでしょうか。しかし、そもそも「突発性」とつく病名は、その原因がわからないということを意味します。

難聴の原因がわからないため、

  • ステロイド
  • 抗生物質
  • 血流を改善させる薬

などが処方されます。そうした薬で改善する場合は、東洋医学の見地からすれば、放っておいても自然治癒していた症例ということになります。

しかし、それらの薬を服用しても良くならない場合は、ぜひ東洋医学の門を叩いてください。

突発性難聴以外の症状

突発性難聴の方は、その他にさまざまな症状を抱えておられる場合がほとんどです。

  • 高血圧
  • 手足の冷え
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 逆流性食道炎
  • 慢性胃炎
  • 胃酸過多症

などの他に、

  • 掌に汗をかきやすい
  • 眠りが浅い
  • 呼吸器系が弱い
  • 朝に弱い

といった特徴があります。

こういった症状を包括的に見なければ、突発性難聴の真の原因はわからず、根本的に改善することはできません。

東洋医学の考え

突発性難聴の原因がわからないというのは、西洋医学の考え方によるものです。

耳を見ても科学では原因がわからないというだけで、東洋医学からすれば、原因は当然あります。原因がないのに難聴になるわけがありません。

東洋医学がこれまで日本国内で培ってきた1400年以上の施術実績に基づけば、突発性難聴を改善することも可能なのです。

東洋医学と西洋医学の違い

「病気をみる西洋医学、病人をみる東洋医学」

とは、突発性難聴だと診断を下す西洋医学と、病名にはこだわらず、手足の冷えなどの症状を探して病人をみる東洋医学の違いを端的に表す言葉です。

全ての症状を包括的に見て施術する東洋医学こそ、突発性難聴には有効です。ぜひ東洋医学専門の鍼灸院に足をお運びください。