東洋医学が教える健康法 スティーブンス ジョンソン症候群とは?

スティーブンス ジョンソン症候群

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

本日は、「薬の副作用 スティーブンス ジョンソン症候群」についてお話しします。

東洋医学が教える健康法 解説動画

スティーブンスジョンソン症候群とは

皆さんは、身近な薬によって引き起こされる「スティーブンスジョンソン症候群」についてご存知でしょうか。ここで言う「身近な薬」には、病院で処方される薬も多く含まれています。

このスティーブンスジョンソン症候群にかかると、皮膚には原因不明の疾患が起きます。

厚生労働省によると、2001年から2003年の2年間で、日本国内に1064件の症状が報告されました。1064人の方にこの症状が出て、そのうち106人が亡くなったのです。

日本は抗生物質の消費量 世界一

スティーブンスジョンソン症候群になる可能性がある薬は283種類あり、その中には抗生物質も含まれています。

実は、日本の抗生物質の使用量は世界一です。その中に、

  • ロキソニン
  • アスピリン
  • ボルタレン

など病院で処方される痛み止めや、市販薬を含む風邪薬などが入っています。

身近な風邪薬にも危険が

実は、この市販されている風邪薬こそが、スティーブンスジョンソン症候群を引き起こす可能性が高い薬剤なのです。

こうなると、身近な「薬」ではなく、「毒」であると言っても過言ではありません。この「毒」が引き起こす、スティーブンスジョンソン症候群にご注意ください。

薬を服用することで重篤な副作用を引き起こす確率は、ゼロではありません。2年の間に、日本では1064人がスティーブンスジョンソン症候群にかかっており、交通事故に遭ったり飛行機が落ちたり、宝くじに当たる確率と大差ないのです。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、スティーブンスジョンソン症候群についてお話させていただきました。

スティーブンスジョンソン症候群を耳にしたことがないという方は、ぜひ1度インターネットなどでお調べください。

そして、薬を服用する際は、そのメリット・デメリットをしっかり理解したうえでなければならない――そのことをぜひご認識ください。