機能性ディスペプシアでお悩みの方へ

機能性ディスペプシア

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、機能性ディスペプシアについてお話しします。

機能性ディスペプシアについての解説動画

西洋医学について

胃や腸に、不快感や痛みなどといったさまざまな症状があるにも関わらず、病院で検査してもこれといった異常が見つからない――そういった場合、機能性ディスペプシア言われることがあります。

そもそも、西洋医学が得意とするのは本来、器質的な異常です。これは、形が症状に関わっている場合を指し、かたちと症状とが同じであれば、病院で対応が可能だということでもあります。

東洋医学による鍼灸施術

それに対して東洋医学は、身体の働きの悪さが症状として出てくる、機能的な異常に対応するのを得意とします。

こうした得意分野を考えると、機能性ディスペプシアは、東洋医学の独壇場でもあります。

私個人としては、こういった胃腸の不快感は、東洋医学の鍼灸施術を適切に行えば、高確率で改善させる自信があるほどです。

東洋医学はそもそも、目に見えないものを扱って施術します。ツボも、ツボの道も、気血の巡りも見えません。そういった目に見えないものを扱っているからこそ、機能性ディスペプシアのような、病院で検査してもよくわからないものを扱うことを得意としています。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、機能性ディスペプシアについてお話させいただきました。

今現在、機能性ディスペプシアでお困りのお客さまは、ぜひ東洋医学を専門とする鍼灸院に足を運ばれてください。