潰瘍性大腸炎でお困りの方へ

潰瘍性大腸炎

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)についてお話しします。

潰瘍性大腸炎とは

西洋医学では、潰瘍性大腸炎を難病に指定しています。

これは、大腸の粘膜が炎症を起こし、びらんや潰瘍(かいよう)ができるというもの。

  • 下痢
  • 血便
  • 腹痛

などの症状があります。重症化すると、貧血や発熱などをともなうようになったり、下痢の影響で体重が減少します。

厚生労働省が特定疾患として指定していることからもわかるように、投薬などで一時的に症状が改善しても、再発する可能性が高い疾病です。

これまで日本人が発症する例はさほど多くありませんでしたが、近年では20代から30代で多く発症するようになりました。

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎の主な原因は、体内に異常な抗体ができ、自分の大腸を攻撃する免疫疾患だとされています。遺伝的な要素や食生活の乱れなどが指摘されていますが、なぜそのような現象が起きるかについて明確な答えは出ていません。

治療の際は、腸に負担をかけないことが大切です。

  • 高脂肪
  • 高繊維質
  • 香辛料
  • アルコール

などを避けて食事を摂らねばなりませんが、それでも根本的な改善には至らないため、大腸摘出手術が行われることもあります。

また、潰瘍性大腸炎を発症後10年前後で大腸がんを発症するケースが多いなど、大変危険な病気のひとつです。

しかし、東洋医学の施術を受ければ、潰瘍性大腸炎も根本改善が可能です。

ここでは、潰瘍性大腸炎を患う20代女性の症状を東洋医学の鍼灸で緩和させたケースについてご紹介しましょう。

東洋はり灸整骨院へいらした20代女性のケース

腹痛や下血交じりの下痢を何度も起こすようになった20代の女性はまず、病院に頼りました。

検便をしたり大腸内視鏡検査を受けた結果、潰瘍性大腸炎と診断され、抗炎症作用のある薬とステロイド剤などの処方を受け、食生活に関する指導も受けたのです。

20代の女性にとって、下血や下痢といった症状は耐えがたいものです。いつ起こるかわからない症状のために外出を控えるようになり、不安から仕事にも手につかないほどになりました。

しかも、女性は、毎月の月経で貧血になりがち。それに加えて、日々少量でも出血を続けるというのは、身体へのダメージも大きなものになります。何とか症状を改善させたいという思いで、当院においでになりました。

病名にとらわれない東洋医学

東洋医学では、どれほどひどい炎症であったとしても、炎症を起こす部位だけに着目することはありません。

「身体はすべてつながっている」という考えのもと、カウンセリングにおいて、すべての不快な症状をうかがっていきます。

こちらの女性の場合は、次のような症状があることがわかりました。

  • 肩こり
  • 冷え性
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 敏感肌
  • 生理痛
  • 頭痛
  • ぎっくり腰
  • 風邪を引きやすい
  • 眠りが浅い

これらを総合的に判断したのち、鍼灸施術を開始します。

週1回の施術で、3回目に効果が!

鍼灸

3回目の施術後、「下血が減ってきた」「下痢しにくくなった」と、症状の改善を自覚できるまでになりました。

その後も週1回の頻度で施術を受けていただいた結果、

  • 肩こり
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 風邪を引きやすい

といった症状も徐々に改善し、ついには潰瘍性大腸炎の症状が解消されたのです。

下血や下痢などの症状が改善し、花粉症や風邪を引きやすいといった症状もおさまったため、外出することが怖くなくなり、活動範囲も病気にかかる前と同程度に戻りました。

その女性は、もう一生症状が改善することはないかもしれないと半分あきらめていただけに、喜びもひとしお。スタッフにもその喜びが伝わっています。

潰瘍性大腸炎は西洋医学との併用がおすすめ

潰瘍性大腸炎は、

  1. よい状態を維持できる「寛解(かんかい)」
  2. 再度症状が現れる「憎悪(ぞうお)」

を繰り返す病気といわれています。

初期は直腸やS字結腸などの炎症ですが、中期になると下行(かこう)結腸や横行(おうこう)結腸の左半分にまで広がり、重症になると大腸全体が炎症を起こします。

最も危険な急性劇症型の場合は、大腸から大量に出血したり大腸が破裂したりと、死に至るケースもあります。

このように大変危険な疾病であるだけに、西洋医学との併用が望ましいと当院ではお伝えしています。

自己判断で薬をやめない

病院からステロイド剤を処方された場合、それを急に止めると、一気に症状が悪化することがあります。また、大量出血などには早急な対処が必要になります。

また、長期にわたって潰瘍性大腸炎を患っている人ほど大腸の粘膜が傷つき、修復力も低下しています。すると、免疫力を正常化することも困難で、東洋医学をもってしても施術の効果がなかなか現れないこともあります。

西洋医学と併用することで、

  • 「ステロイド剤などの副作用を東洋医学で抑えられる」
  • 「薬を減らしていく段階で症状が憎悪するリスクを軽減できる」

といったメリットが期待できるのです。

潰瘍性大腸炎を改善されたお客様の声

東洋はり灸整骨院へ来店され潰瘍性大腸炎の症状を改善された方との対談動画をご紹介します。

ぜひご覧ください。

海老名市にお住まいのS.N様(20代 女性)との対談

※施術効果には個人差があります。

東京都新宿区にお住まいのY.Oさん(20代女性)との対談

※施術効果には個人差があります。

相模原市お住まいのI.Eさん(30代 男性)との対談

※施術効果には個人差があります。

潰瘍性大腸炎を改善されたお客様の声

※施術効果には個人差があります。

おわりに

難病指定の疾患の中でも、改善が難しいとされるもののひとつが潰瘍性大腸炎ですが、東洋医学による鍼灸で「寛解」をキープしている方は多数おられます。

また、「憎悪」の症状が出てすぐに来院されることで、病気の悪化を未然に防ぐことも可能です。

疾患に対する不安や心配はストレスになり、症状をさらに悪化させる要因ともなりかねません。

潰瘍性大腸炎の症状でお悩みの方は、ぜひ東洋はり灸整骨院にご相談ください。スタッフ一同が全力でサポートさせていただきます。