頚椎性神経根症でお悩みの方へ

頚椎性神経根症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、頚椎性神経根症についてお話します。

頚椎性神経根症について 解説動画

頚椎性神経根症とは?

首痛

頚椎性神経根症は、名前の由来通り、頚椎の骨と骨の間が狭くなり圧迫されている状態のことを指します。

神経が圧迫されて症状が出るので、特定の動きに対して症状が悪化します。例えば、「右に首を傾げると痛みが出るが、左には出ない」など、動きによって感じる痛みに違いがあることが多いのです。

この頚椎性神経根症は神経外科などで診断されることが多いのですが、痛み止めや薬で改善しないケースもあります。

なぜかと言うと、西洋医学(病院)では誤診をしてしまうことがあるからです。

誤診が起きてしまう理由

レントゲン

なぜ誤診が起きるかというと、レントゲンや症状から、

  • ヘルニア
  • 胸郭出口症候群
  • 頚椎性神経根症

など、いくつか当てはまる病名を挙げ、一番近いものを診断名としているからです。

もちろん本当に神経が圧迫され、症状が出ている方もいます。その場合は、整形外科で治療も可能です。

しかし、本当は圧迫が起きていない場合もあります。この場合、整形外科などの西洋医学的な処置では治すのは難しいでしょう。

西洋医学は対症療法?

女性

西洋医学は煙を扇いでいるだけの対症療法です。耳鼻科や皮膚科、整形外科に行っても効果は期待できないでしょう。

頚椎性神経根症と診断された方で、

  • 首を動かしても症状に変化がない場合
  • 体調や気候で変化がある場合
  • 痛みのある場所が日によって違う場合

は、誤診の可能性が高いです。

さらに、

  • 咳が出やすい
  • のどが痛くなりやすい
  • 慢性扁桃炎
  • 末端冷え性
  • 眠りが浅い
  • 起き抜けの腰痛
  • 生理不順
  • 円形性脱毛症

などがあれば、西洋医学の一部分だけしか見ないので、改善は難しいでしょう。

東洋はり灸整骨院に来店された方の話

女性

当店にも頚椎性神経根症と診断された方から問い合わせがありました。

その方は、「体調や天候により症状に違い出る」とおっしゃってました。もし骨と骨がぶつかっているのなら、体調や天気は関係ありません。

気圧は多少関節に影響しますが、その場合も首を曲げる動作の方が症状に影響するはずです。体調や天候など、体のコンディションの影響が大きいというのはおかしいのです。

痛みの部位が変わる

また、他にもその方は、「昨日は右腕」、「今日は左腕」など症状が出る場所が変わるともおっしゃいました。

骨がぶつかることが原因なら先ほど説明した通り、決まった場所のみ症状が出るはずです。私はこの話を聞いて整形外科では有効ではないと思いました。

そこで、

「鼻やのど、肺などの呼吸器系や皮膚が弱くないですか?」

と質問したところ、その方は、

  • 鼻に症状があり、耳鼻科に通っている
  • 皮膚も弱く、湿布等で肌荒れすることもある

とおっしゃいました。

この方のように痛みが出ている部分だけを見ても限界があります。こんな時こそ、体を総合的にみる東洋医学の出番です。

東洋医学は体全体をみる

鍼灸

先ほど述べた方のように、東洋医学なら顔を合わせてなくとも頚椎性神経根症以外の症状を推測することができます。東洋医学は、「これらの症状が出やすい人はこういった症状もある」と考えるから分かるのです。

火のない所に煙は立ちません。火の元である大元の原因があり、煙として鼻や皮膚、頚椎性神経根症という症状が出るのです。

これらの症状は全て同じツボで改善することが可能です。こういったことは西洋医学では分からないでしょう。

東洋医学の施術法

現在、日本国内は西洋医学が中心ですが、東洋医学は中国では4000年、日本国内でも1400年以上の歴史があります。最近ではWHOにも認められ話題になりましたね。

この東洋医学は、

  • 鍼灸
  • 漢方
  • 食事療法
  • 運動療法

などを組み合わせた歴史ある経験医学です。西洋医学と違い、どんな症状にも病名をつけたりしません。

実際に病に苦しむ方を施術しながら築き上げてきた、人類の英知の結晶です。症状が同じであっても原因は人それぞれであることを知っているのです。

そして、人それぞれの原因を探すため、

  • 顔色
  • 話し方
  • 舌の色形
  • 便尿の量・色・匂い・硬さ
  • 生活習慣
  • 家族の体質や病歴

などを見て、一人ひとりに合った施術を行っていき、大元の原因から根本改善を目指すのです。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、頚椎性神経根症について、お話しさせていただきました。

誤診が起こるケースが多い頚椎性神経根症ですが、もちろん本当に神経が圧迫されている方もいます。

しかし、痛み止めや薬で症状が改善されない場合は、ぜひ東洋医学専門の鍼灸を選択肢に入れてください。おそらく、そのような方は頚椎性神経根症以外にも、体のあらゆるところに違う症状が出ているはずです。

東洋医学なら、体を総合的にみて症状を改善していきます。いつまで経っても症状が改善されず、辛い思いをしているのはもったいないことです。

今現在、頚椎性神経根症でお悩みの方は、ぜひ一度東洋医学専門の東洋はり灸整骨院へご相談ください。