原因不明の線維筋痛症でお悩みの方へ

線維筋痛症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「原因不明の線維筋痛症でお悩みなら、東洋医学専門の鍼灸を!」と題してお話しします。

線維筋痛症は原因不明?

女性

線維筋痛症は、西洋医学では原因不明とされている疾患です。

症状があるのであれば、原因は必ずあります。しかし、その原因は、西洋医学という科学では突き止めることができません。

薬は対症療法

薬

線維筋痛症の薬

治療には、

  • 強い痛み止め
  • 抗うつ剤
  • 抗てんかん薬

が用いられます。

薬を服用する目的は、根本治療ではありません。症状を抑えるためだけに薬を飲むことになるわけです。

症状という臭い物に蓋をしているだけですので、そのうちもっと重い症状が出る可能性もあります。

薬の副作用

西洋医学の薬は、自然界には存在しえない、石油の副産物で作られたものがほとんどです。そのため、副作用の恐れもぬぐえません。

ボロボロの身体に強力な副作用のある薬を使うのですから、もっと具合が悪くなってしまいそうだと思いませんか。

西洋医学は体をバラバラにみる

カウンセリング

西洋医学が考えるのは、痛みの部分だけ。

患者さんが病院に行くのは痛みを取ってほしいからですが、医師も患者さんと同様に、痛みや痛みのある部位のことしか考えず、治療に当たります。

線維筋痛症の患者さんに便秘の症状があれば、胃腸科へ行くように指示するでしょう。

  • 生理痛、生理不順なら「婦人科」
  • 巻き爪は皮膚科もしくは「形成外科」
  • 鼻炎、花粉症は「耳鼻咽頭科」
  • 睡眠障害は「心療内科」

といったように科を分けてしまい、身体全体について考えないのです。

東洋医学による鍼灸施術

鍼灸

対する東洋医学では、痛みの出ている部分以外をしっかりと見て、からだ全体を施術していきます。

身体は全身がつながっています。ある部位が不健康なため痛みが出ているのです。身体から痛みだけを取り除けるわけではありません。

「木を見て森を見ない」西洋医学に対して、「森を見て木を治す」のが東洋医学です。

先ほど例として挙げたような

  • 便秘
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 巻き爪
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 睡眠障害
  • 手足の汗
  • 末端冷え性

など、これらの症状があってなおかつ痛みがあるのが線維筋痛症です。

他の症状もすべてまとめて東洋医学の鍼灸施術を行えば、身体全体が健康になり、痛みを取り除くことができます。

不通即痛とは?

東洋医学

東洋医学の痛みの大原則には、「不通即痛」というものがあります。

東洋医学では、

  • 「気」の巡り
  • 「水」の巡り
  • 「血」の巡り

という3つの巡りがあります。これらの巡りが阻害されると痛みが出る――これが「不通即痛」の理論です。

線維筋痛症でお悩みの方も、この「不通即痛」の理論を用いて施術すると、改善が見込めます。

もともとが100の痛みだとすれば、施術後には、50、30、20、10と減っていくのです。中には、0になる方もおられるかもしれません。

循環が悪いことを訴える身体のサインが痛みです。それを無視して、薬で抑えようとするのが西洋医学です。これでは、身体としてはたまりません。

線維筋痛症について 解説動画

線維筋痛症を改善された女性のお客様との対談

※施術効果には個人差があります。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、線維筋痛症についてお話させていただきました。

「不通即痛」の理論は、東洋医学だけのものです。

線維筋痛症でお悩みの方はぜひ一度、東洋医学専門の鍼灸院に足をお運びください。