脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「脊柱管狭窄症は、手術の前に鍼灸をするべき」と題してお話しします。

脊柱管狭窄症について 解説動画

脊柱管狭窄症を改善されたお客様の声

※施術効果には個人差があります。

整形外科での治療

男性

腰や足に痛みがあって整形外科へ行き、脊柱管狭窄症と言われたとしましょう。

診断後には、

  • シップ
  • 電気
  • 痛み止め
  • リハビリ

といった治療を受けることになり、それで改善できない場合は、「手術しかない」と宣告されます。

整形外科での治療や手術で改善する方は、それで問題ありません。しかし、手術後にもその症状が改善しないという方が多数にのぼるのです。

かりに症状が改善しない場合でも、画像上で変化があれば、「手術は成功した」と判断されます。しかし患者さんが望んでおられるのは、画像上の変化ではなく、症状の改善です。

レントゲンの結果と症状は一致しない?

骨

約80パーセントの患者さんにおいて、画像と症状が一致しない――整形外科学会は、そう発表しています。つまり、画像上では脊柱管狭窄症に見えたとしても、そうではない可能性があるということです。手術しても症状が改善しない方が多いのはこのためです。

では、この80パーセントもの患者さんがすべきことは何でしょうか。やはり鍼灸しかないのです。

東洋医学専門の鍼灸

鍼灸

鍼灸は、はりやお灸、「不通即痛」の改善を図る漢方などを指します。「不通即痛」は、循環が悪いと痛みが出るという意味で、鍼灸における重要なキーワードです。

鍼灸は、日本国内で1400年以上の歴史を持つ考え方であり、事実の結晶です。

画像と一致しない80パーセントもの方は、「不通即痛」です。つまり循環の悪さに起因した痛みを訴えているのです。

残りの20パーセントの方は、本当に脊柱管が狭窄した結果、痛みが出ている方です。そういった方は、手術しなければ治りません。

しかし、それ以外の方がすぐに手術を受けてしまうと症状は改善しませんし、手術後に鍼灸を受けたとしても、効果は激減してしまうのです。

保存療法と外科療法

鍼灸師

治療には、保存療法と外科療法の2つがあります。

保存療法は、メスを入れない、外科的な処置をしない治療のことです。整形外科は、外科療法を専門としており、保存療法はお粗末なものです。

その反対に、鍼灸は保存療法のスペシャリストです。

整形外科(西洋医学)から鍼灸(東洋医学)を提案されることはまずありません。そのため、患者さん自身が選択する必要があります。

ご自分の身体のためにも、脊柱管狭窄症と診断されたら、まずは鍼灸を受けることをお勧めします。その際はぜひ、東洋医学専門の鍼灸院をお選びください。