東洋医学によるつわりの改善法

つわり

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「ツボ、漢方薬、食品の組み合わせでつわりを乗り切ろう」と題してお話しします。

つわりについて 解説動画

つわりは我慢するしかない?

女性

つわりで苦しい思いをしておられる妊婦さまが多数おられますが、病院(西洋医学)でつわりを訴えても、

  • 「何もできない」
  • 「我慢するしかない」

と言われることになります。

しかし、東洋医学は西洋医学と比べると、症状を改善するためにできることがあります。

つわりに有効なツボ

鍼灸

まずは、ツボを使って、胃腸や呼吸を整えていきます。

以下4つのツボは、つわり対策のツボの代表格です。

裏内庭

足の裏にある裏内庭というツボは、

  • じんましん
  • 食当たり
  • 下痢

といった症状に効果があり、消化器系を整えるツボです。

ご自宅でお灸する場合は、複数のお灸を連続ですえてみてください。効果を実感しやすいでしょう。

孔最

腕にある、孔最という呼吸器系のツボを使ってみるのもおすすめです。

中脘・足三里

中脘という胃の周りのツボ、足三里というツボも、胃腸系を整えるものです。

漢方

漢方

また、つわりに効果がある漢方薬もあります。

人参湯

人参湯(ニンジントウ)は、胃腸系の機能を高める漢方薬です。

小半夏加茯苓湯

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は、気持ち悪さを取ることができる漢方です。

これらは、インターネットでも購入できますし、病院で処方してもらえるかもしれません。

つわりを抑える食品

食事

つわりを抑える食品としては、

  • センブリ
  • ゲンノショウコ

をお勧めします。

これらも、ドラッグストアやインターネットなどで購入することができます。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、つわりの改善法についてお話させていただきました。

入院が必要になるほどつわりの症状がひどい場合は別ですが、こうしたツボや漢方、食品を組み合わせることで、かなり症状を軽減できる場合があります。

つわりで苦しまれている方は、ぜひ一度お試しください。