肘部管症候群による指の痛み、しびれでお困りの方へ

手

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

本日は、肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)についてお話させていただきます。

肘部管症候群とは?

  • 「小指と薬指が何となくしびれる」
  • 「小指側の筋肉が減って来た気がする」
  • 「小指と薬指がまっすぐに伸ばせない」

こんな風に小指と薬指の状態が変化してきたら、肘部管症候群かもしれません。

肘部管症候群は指の筋力が低下し、開いたり閉じたりすることが困難になってしまう疾病です。

原因は、小指と薬指の小指側半分の感覚と筋肉を支配する尺骨(しゃっこつ)神経が圧迫などで損傷して起こる神経麻痺です。

また、尺骨神経は肘の部分を通っているため、肘にも痛みが出ます。

こんな症状の時は、まず整形外科に行くのが普通だと思います。ですが、私は「選択肢に東洋医学を入れていただきたい」と考えております。このような疾病は、西洋医学(病院)より東洋医学のほうが、ずっと高い効果を上げるからです。

肘部管症候群がなぜ鍼灸で改善できるのか、その理由を解説しましょう。

肘部管症候群の特徴

肘の内側には上腕骨内上顆(じょうわんこつないじょうか)というくるぶしがあり、その後ろにあるのが肘部管です。

この中に尺骨神経が通っているのですが、トンネルが狭いため肘の使い過ぎで緊張すると、尺骨神経を圧迫し、この神経に支配されている小指と薬指の小指側に支障が出るとされています。

肘関節を酷使する野球や柔道などのスポーツ選手や大工、工場作業者に多く、また過去肘を骨折した時の後遺症として出る場合もあり、こういった場合は肘の変形がよく見られます。

そのほか、

  • 加齢
  • 靭帯の肥厚
  • 良性のガングリオン嚢腫(のうしゅ)

がトンネル内にでき、神経を圧迫することもあります。

肘の変形がレントゲンで確認できないにも関わらず、肘部管症候群を発症する場合もあります。しかし、どの原因でも肘の関節の内側に刺激を与えると、小指側に痛みやしびれを生じるという特徴があります。

西洋医学の治療法

整形外科では、問みや触みのあと、

  • レントゲン
  • 電気検査
  • エコー検査

で肘を検査し、消炎鎮痛薬やビタミンB剤の内服や湿布を行うのが一般的です。

それで効果が見られない場合は手術を行うことが多いようです。

肘部管症候群が治りにくい理由

「○○症候群」というのは、原因不明だけど多くの患者さんがいるため、取りあえずつける名称です。

原因を不明のままにして痛みや炎症を抑える対症療法を行っても、症状を軽くすることがせいぜいで、肘への負担がかかる生活を続ける限り、何度でも再発する危険性があります。

また、整形外科によっては肘部管症候群だと分からず、首に問題があると考え、首の治療ばかり行われるケースもあります。当然のことながら、それでは症状は良くなりません。

薬による副作用

肘部管症候群の時に出される内服薬には鎮痛剤や神経再生薬がありますが、鎮痛剤は胃に負担を与え、数か月服用すると腎臓機能も低下するなど副作用があります。

神経再生薬は損傷した神経の修復を促す働きがありますが、こちらの副作用は

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発疹
  • 食欲不振

などです。

手術

また手術を行っても、肘部管症候群発症後1年ほどであれば予後はおおむね良好です。しかし、長く罹患していると手術自体は成功しても、それほど手の動きは回復しないケースが多いといいます。

ですので、薬の副作用や手術の予後が心配な方は、ぜひ東洋医学専門院へ行っていただきたいと思います。

レントゲンは症状と一致しない?

病院へ行くと、「とりあえずレントゲンを撮りましょう」と言われるがままに、レントゲン室へ行くことも少なくないでしょう。

しかし、レントゲンやCT、MRI検査では問題とされる部位を固定した状態で撮影するため、写らないものがあるのです。

整形外科学会でも「画像結果と自覚症状が一致しない割合は80%」と認めていることからも、画像による診断には限界があると言えます。

東洋医学は全身の動きをみる

一方東洋医学は、人間を動くものとして捉えます。動きと状況を合わせて考慮し、施術を行います。

しびれも痛みも気血の流れが悪くなっていることが原因です。患者さんの話をお聞きすると仕事で一日中腕に風が当たる、湿度の高い工場で仕事をしているといった状況もわかります。

また、尺骨神経の通っている部位と東洋医学の「手の太陽小腸経」が非常に似ていることから、小腸に問題がある場合もあります。

手のしびれが血行不良から起こるケースも疑います。そのような時には血管を伸縮させる働きがある自律神経をコントロールしている「肝」への施術も行います。

こういった症状に対し鍼灸施術を行うと、効果も期待できます。

肘を治すのではなく、体質を改善し、肘を含めた身体全体の機能を高めることにより、薬や注射、手術なしに根本改善することもできるのです。

来店された方の話

肘部管症候群の症状でお困りで、東洋はり灸整骨院へ来店されたAさんのお話をさせていただきます。

Aさんが来店された時、すでに整形外科へ1年程通っていたそうです。若い頃柔道をしており、当時の肘の酷使により肘の骨が変形したとのこと。

手の小指と薬指のしびれを湿布でごまかしていたそうですが、両手がかぎ状に変形し戻らなくなったため、整形外科へ行ったそうです。

1年通った結果、改善せず手術を勧められたため「東洋医学で何とかできないか?」と東洋はり灸整骨院にいらっしゃいました。

肘に鍼を打たずに改善

具体的な施術を説明するのは難しいのですが、数か月継続して通院していただき、鍼灸を施したところ、かなり症状が改善されてきました。

そして、この方には肘には全く鍼を打っていません。

Aさんの全身の状態をみて、体質や不調をきちんと把握してから総合的な鍼灸施術を行いました。

肘や手指に出ている症状はある原因が発端で起きている現象で、その原因へアプローチすることによって他の不調も改善するのが東洋医学の考え方です。

Aさんからは、「手術なしに日常生活を円滑に送れるようになった。」と喜びの声をいただいていおります。

肘部管症候群の解説動画

おわりに

生活していく上で、肘や指は使うことも多く、大事なものです。

「痛い」、「しびれた」という症状が長く続いた時は、ぜひ一度東洋医学専門院へご相談いただきたいと思います。

手術のような即効性はありませんが、身体の負担は少なく、肘だけでなく全身の不調を改善することも可能です。

今現在、肘部管症候群の症状でお悩みの方は、ぜひ東洋医学による鍼灸を検討していただければと思います。