手根管症候群による手の痛み、痺れでお悩みの方へ

手根管症候群

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

今回は、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)ついてお話させていただきます。

手根管症候群とは?

  • 「朝起きると手がしびれている。」
  • 「細かい作業がうまくできない。」

このような症状でお悩みでしたら、手根管症候群を疑いましょう。

手根管症候群は別名「正中神経麻痺」(せいちゅうしんけいまひ)といいますが、どちらも聞いたことがある人は少ないと思います。

しかし、実際は手を酷使する人に多い症状です。特に家事や育児、仕事でパソコンを一日中使用する方は皆予備軍といってもよいでしょう。

続けて、手根管症候群の症状や原因、東洋医学で治療を受けていただきたい理由について解説します。

手根管症候群は指の神経麻痺

正中神経は、

  • 親指
  • 人差し指
  • 中指
  • 薬指

の中指側半分の動きを支配する4本の神経で、それらが手首のあたりでまとまって1本の太い神経になります。その神経は、手首の付け根にある手根管というトンネル状の部分を通り抜けるようになっています。

手根管は骨と靭帯に囲まれており、腱鞘炎などによって腫れると正中神経が圧迫され、4本の指がしびれたり痛んだりし、最後には親指が動かなくなってしまいます。

手根管症候群の特徴

この症状は夜中から明け方に出ることが多く、痛みやしびれで目が覚めることもあります。逆に、手を振ったり使ったりしているうちに症状が緩和されるという特徴があります。

そのため放置しやすく、症状が進むと親指の筋力が低下し、文字を書いたり小さなものをつまむなど親指を使った作業が困難になります。

片手から両手へ

また、片方の手が手根管症候群になり、もう片方の手を酷使することにより、両方の手が手根管症候群になってしまうこともあります。

医師にすすめられるままサポーターをつけ続けたために、手首がガチガチに固まった方もいます。

その危険性を考えたら、対症療法でごまかすべきではありません。

西洋医学の治療法

西洋医学(病院)では、問みと手の状態を目視・触みして痛みの状態を確認した後、

  • レントゲン
  • MRI
  • 筋電図検査

などで骨の状態を確認します。

手根管症候群と判断されると、麻酔薬とステロイド剤の混合液を注射したり、鎮痛剤やビタミン剤を処方され、手首を固定するサポーターをつけるよう言われることもあります。

各整形外科によって治療法は違いますが、概ね

  • 消炎鎮痛薬
  • 湿布
  • ステロイド
  • ブロック注射
  • 電気・超音波・レーザー療法
  • マッサージ
  • サポーター
  • ストレッチ

などを行い、それで効果が見られない場合、手術ということになります。

手術

安静にしていると数回の治療で改善されますが、これらの治療で芳しくない場合や筋肉の萎縮が止まらない場合は手術を行い、神経が走っている空間を広げます。

これまでは大規模な切開手術が行われていましたが、最近は内視鏡手術で2センチほどの切開で済むようになっています。

しかし、傷跡が残らなくなった反面細部まで確認しづらくなり、他の原因が見つかった場合には手術を中断したり、手術が不十分になるといったデメリットもあります。

後遺症はほとんどないようですが、まれに感染症や血管・神経などの損傷があります。

手術のリスク

指や手首が不自由なことがどれだけ日常生活を困難にするか、身をもって経験した方は、手術してよくなりたいと考えるかもしれません。

しかし、手術の後遺症で手のみならず肩まで動かせなくなったケースもあり、たとえそれが1万人に1人の確率だとしても、その1人に自分がなるかもしれません。

手術後もあまり改善されないのに「手術は成功したので、問題はないはずです」と切り捨てられた方もたくさんいるわけです。

再発

また、それまで通りに指を使用していると、一度改善してもまた同じ症状が出ることが少なくありません。

特に女性は細かい指の動きが必要なことも多いため、対症療法ではまた同じ症状が再発する可能性もあります。

「○○症候群」という病名は原因不明?

西洋医学で「○○症候群」という名称がつく病名は、

「原因不明で、共通の症状を持った患者数が多い場合にとりあえずつける症状名」

で、正確には病気ではなく、病的な傾向のことです。

手根管症候群は原因不明と考えられているため、対症療法しか手段がないというのが西洋医学の考え方なのです。

東洋医学による鍼灸施術

一方東洋医学は、

  • 鍼灸
  • 漢方
  • 食事療法
  • 運動療法

などを組み合わせた、4000年以上も歴史がある経験医学です。

西洋医学と違ってどんな症状にも病名をつけることはありません。その時の状態や、症状を引き起こした原因を全身をみて探っていきます。

例えば、手根管症候群でお悩みの方の多くは、首や肩、腕がこり、痛みを感じています。

仕事で長時間ほとんど動かなかったり、家事で背中を丸めて作業をしたりしているため、血行が悪くなり筋肉が硬くなっています。更年期の女性に多く見られる症状であることから、女性ホルモンのバランス異常も関係している可能性があります。

ですが、職場で同じ仕事をしていても、手根管症候群にならない人もいます。

何年も一日中パソコン入力しているのに、手はもちろん肩こりも首こりもない人もいれば、2~3日で肩も首も背中も硬くなってしまう人もいます。

そういった体質や条件をすべて把握し、体質を改善することで全身の機能を向上させ、手根管症候群を改善させるのが東洋医学の施術です。

決して手や指だけの問題とは捉えないのです。

手根管症候群には東洋医学の鍼灸を!

東洋医学では、薬で痛みをごまかしたり手術で手根管を切って広げることはしません。

周囲にある筋肉や各臓器を調整し、身体全体の機能を高め、指や手首に負担がかかりにくくすることで症状を改善します。

こういったことは東洋医学の中でも即効性のある鍼灸が得意としているのです。

手根管症候群についての動画解説

おわりに

いかがでしたか?

手根管症候群で苦しんでいる方は、ぜひ東洋医学専門の鍼灸院にご相談いただきたいと思います。

現在の整形外科の治療を止めて東洋医学の施術を受けることで、半年後一年後の生活が全く違ってくるはずです。

当店でも手根管症候群に苦しむ方の施術を行い、成果を上げてきています。

今現在、手根管症候群でお悩みの方は、ぜひ一度東洋はり灸整骨院へご相談ください。