坐骨神経痛の痛み、痺れでお悩みの方へ

坐骨神経痛

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

今回は、坐骨神経痛についてお話させていただきます。

坐骨神経痛とは?

普通の腰痛が腰と臀部に痛みがあるのに対し、坐骨神経痛とは臀部と下肢に痛み、しびれやコリが出る症状のことを言い、正式な病名ではありません。

坐骨神経は腰から太ももを通り膝まで伸びる神経で、この神経のどこかに問題が起きることで坐骨神経痛が発症します。

多くは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)によって出る症状で、腰から膝にかけて広い範囲で痛んだり、ふくらはぎにしびれが起きて足に力が入らなくなったり、場合によっては排尿・排便が困難になることもあります。

東洋医学の鍼灸施術は、この坐骨神経痛にも大変効果を発揮しますのでご安心ください。

それでは、これからその理由について解説していきましょう。

坐骨神経痛はレントゲンでは確認できない?

腰やお尻、太ももなどに痛みやしびれがずっとある場合、まずは整形外科へ行くと思います。

坐骨神経痛は外見に症状が出ないため、問診を行い、その後触みや理学検査で大体の症状や病気を推測します。

その後、レントゲンやCT、MRIで患部を確認するのですが、レントゲンやCTでは神経や脊髄、椎間板は写らず、骨の状態を確認したり、造影剤の投与で脊髄や椎間板の異常を判断したりする程度でしょう。

腰骨の変形や湾曲、椎間板の変形具合によって、「おそらく、これが神経を圧迫しているのだろう」と推測することまでしかできません。

MRIでは骨の異常、筋肉、神経を確認することができるので、「神経の圧迫があるか?ある場合はどの程度か?」というところまでチェックできます。

原因不明の症状

しかし、たとえMRIで異常が発見されても全く痛みやしびれがない人もいれば、神経圧迫部分がないのにも関わらず痛みで苦しんでいる人がいます。

これは特に腰痛に多い現象で、80%以上は原因が特定できない「非特異的腰痛」です。痛みやしびれがあるにも関わらず、「原因がない」と言われてしまうのです。

西洋医学で原因不明となると、今度は精神的なものが原因であるとされ、痛み止めと共に精神安定剤や抗うつ剤などを処方されてしまうことがあります。

しかし、大半の人はそれらでは全く効果はないでしょう。その理由は、東洋医学的見地から考えれば明白です。

なぜ東洋医学で改善できるのか?

東洋医学では不通促痛(ふつうそくつう)という言葉があります。

これは「気血が滞ると痛みとなって現れる」という考えがあり、痛みには必ず原因がある、と捉えます。レントゲンやCT、MRIで確認できなかったからといって、原因がないなどという発想をしません。

西洋医学で腰痛の原因がわからないのは、人体を静止した状態で撮影しているからです。

人間は睡眠中でも動いていますし、呼吸しているだけでも全身の筋肉や神経が反応していますが、画像ではそのような状態は一切確認することができません。

しかし、東洋医学では「人間は生きている」ことを基本中の基本としていますから、西洋医学のように人間を画像で切り取った状態で判断し、施術するようなことはありません。

あくまでも生きた人間を、そのままの状態でみ察し、鍼灸施術を行うのです。

西洋医学と東洋医学の違い

  • 「どの病院に行っても、原因不明と言われ湿布薬と痛み止めを処方された…。」
  • 「牽引されて、さらに調子が悪くなった…。」
  • 「手術したが、痛みやしびれが再発した…。」

といった方が東洋はり灸整骨院にはたくさん来店されます。

西洋医学はすべて対症療法です。一時的には良くなっても根本的な原因をみていないのですから、当然の結果でしょう。

坐骨神経痛は、しばらく安静にしていると痛みやしびれがなくなることがあり、西洋医学ではそれも立派な治療の一環です。

しかし、一週間も二週間も寝ていることなどなかなかできません。「安静にしてくださいと言ったでしょう。」などと言われても、入院でもしなければ難しいと思います。

一方、東洋医学では、坐骨神経痛の根本原因を探り、そこから施術していきます。何週間もベッドで安静にしなくても、徐々に症状が改善していきます。すると、同時に他の症状も緩和されていくのです。

坐骨神経痛を鍼灸で改善したケース

当店で鍼灸施術を受けた90歳の方についてお話ししましょう。

この方は大学病院で腰部脊柱管狭窄症と言われ、

  • 下肢の痛み
  • しびれ
  • 筋力低下

などの非常に強い坐骨神経痛を伴っていました。

車椅子使用の可能性を示唆され、切羽詰まって来店されました。

ご年配の方ですので腰を司る「腎」が弱くなっており(腎虚)、その結果、骨や椎間板の水分が減っている状態でした。

鍼灸で時間をかけて少しずつ腎を強化し、食生活にも気を配っていただいたところ、日常生活に支障がない状態まで回復なさいました。

坐骨神経痛の解説動画

坐骨神経痛を改善されたお客様との対談①

※施術効果には個人差があります。

坐骨神経痛を改善されたお客様との対談②

※施術効果には個人差があります。

おわりに

いかがでしたか?

現在、当店は坐骨神経痛の鍼灸施術では、とても多くの方が改善しています。

腰痛、下肢のしびれや筋力低下などの症状にお悩みの方は、東洋医学専門の鍼灸院である当店にお任せください。

一日も早い回復のために、スタッフ一丸となってお手伝いさせていただきます。