東洋医学による腰痛改善法について

腰痛

腰痛は「二本足で立ち、歩行する人間の宿命」とも言われています。

東洋医学専門の鍼灸院である当店にも、腰痛で苦しむ多くの方が訪れます。多くの鍼灸院でも、必ず腰痛を施術内容に挙げることからも、その多さがわかります。

最初は自分で揉んだり、叩いたり、器具を使用して何とか改善しようとしますが、結局よくならず病院などに通うことになります。しかし、一時的に痛みがなくなるだけですぐにぶり返すという経験をしていらっしゃるでしょう。

そこで今回は、腰痛を根本改善させるための「東洋医学による腰痛改善法」についてお話させていただきます。

西洋医学の腰痛治療

西洋医学(病院)では、腰痛は整形外科の範疇になります。

主に筋肉、神経、骨の障害とされており、背骨とその中の神経が圧迫などによって変形し、痛みが発生します。

  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 変形性腰椎症

などが主な病気です。

腰痛の検査

西洋医学では、どういった姿勢の時に痛むか確認後、各種テストで考えられる「病名」に沿った検査を行います。

これには膝の下を槌などで叩き、足が前方に跳ね上がるかどうか調べる膝蓋腱(しつがいけん)反射などがあります。

レントゲン

その他、レントゲンもよく行われます。

レントゲンでは脊椎のゆがみや骨折など骨の状態を確認できるので、椎間板ヘルニアの検査には有効ですが、筋肉や神経の状態まではわかりません。

MRI、CT、造影検査

MRI、CT、造影検査では筋肉や神経も調べられるため、より詳細な直接原因を調べることが可能です。

ただ、MRIやCTなどの設備がどの整形外科にもあるわけではないため、レントゲンだけで判断されたり、大病院に検査に行かなくてはいけないことがよくあります。

レントゲン検査で骨に異常がない場合、どれほど痛くても鎮痛薬や湿布を処方されて終わることも多いですし、逆に骨に異常があっても痛みを感じない人もいます。

腰痛の原因は骨や神経だけにあるのではない、と考えられるのではないでしょうか。

これって東洋医学?

疑問

誤解されている方も多いのですが、

  1. 整骨院
  2. 整体
  3. マッサージ
  4. カイロプラクティック

は東洋医学ではありません。

また、健康保険が適用される鍼灸院もありますが、

  • 以前同じ病気で西洋医学の医師による治療を受けており、同意書を書いてもらわなくてはならない
  • 適用される疾患が限定されている
  • 慢性化した場合は保険対象にならない場合がある

などの規定もあります。

腰痛や四十肩・五十肩、神経痛などは保険適用されますが、あくまで西洋医学的な治療になるため、全身をみることはなく、腰痛には腰とその周辺だけになります。

東洋医学の考え「不通促痛」

気血水

東洋医学には「不通促痛」(ふつうそくつう)という考え方があります。

「気血の流れが滞っていると痛みが出ますよ」ということで、どの部位の痛みもこの大原則が当てはまります。

「気」とは現代的にいうとエネルギーのイメージに近く、インドではプラーナと呼ばれており、生命力と考えればよいでしょう。

「血」は西洋医学でいう血に近いものですが、西洋医学では骨髄で作られるとされるのに対し、東洋医学では脾胃(ひい)や腎、小腸などから作られると考えられています。全身に栄養を送り、潤す作用があるものです。

気血が枯渇したり流れが滞ると「不通」となり、そのサインとして痛みを発する「促痛」になるのです。

東洋医学はぶり返さない?

鍼灸施術

東洋医学では、気血は体全体の調和が取れることによって自ら正常に流れるものです。

マッサージやストレッチ、牽引などで骨盤や筋肉、神経の歪みが治り、一時的に気の流れがよくなると、痛みが緩和されることがあります。

ですが、それは力によって無理やり歪みを整えているだけで、内部から調節できるようになったわけではありません。その結果、翌日にはまた痛みがぶり返すようなことが起こるのです。

東洋医学は患者さんの弱い所を見極め、そこを施術することによって気血を流すポンプが正常に作動するようにします。すると、他の力を借りることなく気を全身にまわすことができるようになり、「不通促痛」が解消されるのです。

このように、東洋医学は体の根底から施術し、弱った体はもちろん、元からの体質をも改善する医学です。表面に現れた現象は病気ではなく、五臓六腑の異常を訴えるサインと捉え、根本改善を目指します。

その結果として、全身の気血の巡りが良くなり、生命力を底上げすることができるのです。

腰痛に関する解説動画

おわりに

いかがでしたか?

今回は東洋医学による腰痛改善法についてお話いたしました。

これまでに、

  • 椎間板ヘルニア
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎分離すべり症

などと言われ、色々と施術を行っても芳しくない方は、ぜひ一度東洋医学専門の鍼灸院でカウンセリングを受けていただきたいと思います。

東洋はり灸整骨院では一人ひとりの全身の調和を整える鍼灸施術をいたします。

全身の気血の流れを良くして本来の健康を取り戻したいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。