メニエール病でお悩みの方へ

メニエール病

東洋はり灸整骨院の石丸です。

今回は、メニエール病のについて、解説させていただきます。

メニエール病はどんな病気?

メニエール病は、1861年にフランスの医師プロスペル・メニエール氏が発見した、めまいや耳鳴りなどが起こる内耳性の疾患です。

厚生労働省の特定疾患に指定されているほどの難病とされ、生命にかかわる病気ではないものの、進行してしまうと完治は難しいとされています。

厚生労働省の調査によると、女性のほうがやや多く、30代後半から40代前半に発症することが多いとされています。

10万人に対し15~18人程度がかかり、根本原因は不明です。

メニエール病の主な症状

主な症状は、

  • 視界が回転するようなめまい
  • 難聴
  • 耳鳴り
  • 耳閉感

で、これら4つの症状が同時に起こるという特徴があります。

その他、

  • 吐き気
  • 冷や汗
  • 顔面蒼白
  • 寒さや暑さに対する温感異常

などを伴うこともあります。

メニエール病の原因

原因は内耳内のリンパ液が過剰になり、内リンパ水腫になることで起きると考えられています。

先進国で多く見られる疾患のため、ストレスが原因と考えられていますが、ストレスと内リンパ水腫の関係は不明です。そのため、根本的な治療法はなく、抗めまい薬などの内服か手術が行われます。

発作について

発作は数日ごと~数か月ごとと幅がありますが、一旦発作が起きるとめまいのために起き上がることができなくなり、頭を動かすと症状が悪化するため、身動きも取れなくなります。

発作時間には幅があり、数十分から長い場合は半日以上続くため、日常生活が困難になります。

悪化すると平常時でも耳鳴りや難聴がするようになり、手術を行っても完治は難しいとされています。

東洋医学によるメニエール病の捉え方

東洋医学は、中国で4000年以上、日本でも1400年以上の歴史に裏付けられた経験医学です。中国医学をそのまま使用するのではなく、日本では日本人に合った東洋医学を研究しており、独自の発展をしています。

四診法

この東洋医学では、四診法(ししんほう)という方法で全身を診察します。

  1. 「望(ぼう)」…顔や皮膚の色、舌の様子などを見る
  2. 「聞(ぶん)」…声や呼吸音を聞いたり、臭いを嗅ぐ
  3. 「問(もん)」…実際にお客様と話して症状や生活習慣、病歴などを聞く
  4. 「切(せつ)」…脈や腹、症状のある部位などに触れる

これら4つのカウンセリングによって、西洋医学では解明できないメニエール病の原因を探り、改善に導くのです。

眩暈(げんうん)

東洋医学ではメニエール病は眩暈(※めまい)という症状の一種とされ、メニエール病のほか、

  • 高血圧
  • 貧血
  • 動脈硬化

などで見られます。このように西洋医学と東洋医学は全く違う所見なのです。

その後、四診法を行い、原因を追究していきます。

患者さまごとに原因は違い、熱がこもっていたり、精力が減退していたり、貧血だったりと様々です。その点をしっかりと捉え、一人一人の根本原因から改善を目指します。

「漢方薬が効かない=東洋医学は合わない」は誤解

最近、西洋医学の病院でも漢方薬が処方されるようになりました。

ところが、服用しても思ったような効果が現れず、「漢方(東洋医学)は効かない。」と思ってしまう方が多いようです。

しかし、効かないのは当然です。その理由についてお話します。

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学ではまず病名を決め、それに合うと薬を処方します。漢方薬を処方する時も同じように病名から選びます。ですが、ほとんどの医師が正確な東洋医学の知識を持ち合わせていないように見受けられます。

例えば、生理痛・生理不順と言えばツムラなどの当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方されることが多いと思いますが、ツムラではその他2つの漢方製剤を出しています。

体質によって3種類を使い分けなければいけないのに、その知識がないばかりに合わないものを出されたら、当然効果も期待できません。

東洋医学では、当帰芍薬散を生理痛だけでなく、肩こり、むくみ、動悸などの緩和に使用することもあります。

極端に言えば、がん患者と風邪の方に同じ漢方薬を処方することもあるのです。

西洋医学に慣れ親しんでいると驚かれると思いますが、風邪一つ取っても便秘する人と下痢がひどい人がいるように、症状が違っても原因は同じこともあるのです。

耳鼻科で出された漢方薬は正しい?

中には西洋医学と東洋医学の両方を極めた医師もいるでしょう。

しかし多くの場合、表面的な知識で診断し、メーカーの出来合いの漢方薬を処方されます。

合うツボや鍼が人によって違うように、本来は漢方薬も人によって配合を微妙に変えるもの。ですが、そこまでする医師はなかなかいないでしょう。

とはいえ、山のような生薬を渡されて、煎じて飲むように言われても困ってしまいます。

その点、ツボ押しや灸はコツを覚えれば自分でもある程度行うことができますし、生薬を長時間煎じるような手間もかかりません。

もし耳鼻科でメニエール病と言われた場合、一度東洋医学を専門とする鍼灸院へご相談ください。

メニエール病の解説動画

おわりに

いかがでしたか?

四診法によって体質を見抜き、それに合った施術をしていくのが東洋医学です。

病院をはじめとした西洋医学で症状が改善されなかったからといって、どうか諦めないでください。

そしてメニエール病でお悩みの方は、ぜひ一度東洋はり灸整骨院でお話をお聞かせください。

つらい症状の改善に、国家資格を持つ鍼灸師が全力を尽くしてサポートいたします。