肩こりでお悩みの方へ

肩こり
  • 「肩が凝りすぎて、毎日しんどい…」
  • 「首まわりをスッキリさせたい」
  • 「マッサージやカイロに行ってみたけど、よくならなかった」

と、肩こりの症状でお悩みの方はたくさんいらっしゃるでしょう。今の日本では、本当に多くの方が肩こりに悩んでます。

ですが、シップを貼っても、姿勢を正す体操をやっても一向によくならず諦めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、東洋医学による「肩こりの改善法」についてお話させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

東洋医学専門の鍼灸 解説動画

西洋医学は対症療法?

病院をはじめとする西洋医学では肩こりは整形外科へ行かれると思います。

まずレントゲンを撮られ、

  • 湿布
  • 電気
  • 牽引

などを行うのが一般的でしょう。しかし、それらで肩こりが良くなる方はあまり多くないのが現状です。

そして、これらの方法で改善しない場合、ブロック注射となるケースもあります。

ブロック注射

整形外科では、痛みがひどい時にはブロック注射を行うことがあります。

痛みの原因となる神経やその周辺に麻酔注射をし、痛みを抑えたり血行を良くする作用があります。筋肉の緊張を緩めるため血流が良くなり、その後の痛みも出にくくなるとされていますから、一定の効果があるのでしょう。

しかし、痛みを感じなくなっただけで、実際には痛みはありますし、原因に対する追究は全くありませんから、麻酔が切れたらまた痛くなることもよくあります。

マッサージ・整体

マッサージや整体は経絡を利用することもあり、東洋医学と思っている方が多いです。しかし、東洋医学ではありません。

「痛む部分に直接施術を行い、痛みを取る」という方法は対症療法です。

マッサージや整体をすると、一時的には気血の流れがスムーズになり楽になるかもしれません。しかし、肩がこるという現象の根本原因はそのままなので、すぐに元通りになるでしょう。

肩こりの本当の原因

経絡図

東洋医学では、いわゆる「コリ」に対し、「不通促痛(ふつうそくつう)」という考え方をします。「気・血が通っていないので、痛みが出る」ということです。

気血とは

気とはエネルギーのことです。この気には血液を循環させる機能があります。

血は血液と考えれば分かりやすいでしょう。

「気血が通っていない」とは西洋医学的にいうと「血行不良」のようなイメージですね。

肩が凝る人と凝らない人の違い

デスクワークやスマホを長時間していても肩がこらない方とすごくこってしまう方は、この「気血の流れが良いかどうかの差」です。

気血の流れがよい人は、流れが滞りそうな時には無意識のうちに伸びをしたり歩きまわったりと、自然に流れをよくしています。

しかし、気血の流れが悪くなると感覚が麻痺し、気血の流れがさらに悪くなってしまうのです。

肩こり以外の症状に着目しよう

 

肩こりの症状に悩まされ当院へ来る方は、他の症状にも悩んでいるものです。

  • 腰痛
  • 頭痛
  • 手足の冷え
  • 目の疲れ
  • 胃腸の不調
  • 生理痛・生理不順

などをお持ちの方が多いです。これらはすべて気血が滞っているために起きる症状です。

東洋医学では、「肩をほぐす」のではなく、全身の気血をスムーズに通すための鍼灸施術を行います。そのため鍼灸施術を進めると、肩こりと同時にこれらの症状もよくなっていくのです。

東洋医学はあくまでも患者さんのからだ全体をみて施術を行います。根本原因を探し、気血を流す本来の力を生かせるようにし、肩こりそのものがなくしていくのです。

肩こりを改善されたお客様の声

以下は、東洋はり灸整骨院で肩こりを改善された方の声です。

※施術効果には個人差があります。

肩こりと頭痛の症状で来店されたお客様の声(40代 女性)

「なんでこんなに良くなるの?」とびっくりしました(40代 女性)

「今ではウソのようによくなりました!」(50代 男性)

 

おわりに

いかがでしたか。

本日は肩こりについてお話させていただきました。

肩こりは腰痛と同じくたくさんの方がお悩みの症状です。たくさんのグッズも売っていますし、サプリメントもありますがそれらで良くならない方が大半だと思います。

根本原因から肩こりを改善したいとお考えでしたら、ぜひ東洋医学専門の鍼灸院へご相談ください。

スッキリした首回りを手に入れ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう当院でも国家資格を持つ鍼灸師が施術しております。ぜひ一度ご来院ください。