カラダの疲れが取れない時の対処法 10選!

疲労

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

それなりに身体を休めているつもりなのに、なぜか疲れがとれないと感じるときがありませんか。こういうとき、どういった対処法がおすすめなのかについてお話しします。

身体の疲れがとれないときの10の対処法

相談

①睡眠をとる

まず大切なのは、しっかり睡眠をとること。最低でも午前1時をまわらないようにしましょう。本来なら、午前12時になる前に眠りにつくのがおすすめです。これは、午前1時から3時が東洋医学でいう肝臓の時間だから。寝ている間に、血液全体の3分の2が肝臓で浄化されています。眠っている間は、残り3分の1の血液量でまかなっているのですが、この時間に起きていると血液浄化がしにくくなるのです。

また、東洋医学では陰と陽の世界からものごとをとらえます。陰と陽と境目は、昼の12時と夜中の12時。午前12時以降は「陰の時間」になるため、しっかり眠っているのが基本なのです。睡眠時間を長めにとるということも大切ですが、何時に寝たかがとても重要だということです。

②白砂糖を避ける

次に、白砂糖を避けるようにしましょう。

よくお菓子や清涼飲料水を口にしている人は白砂糖を摂取する量が多くなりますが、白砂糖は極陰の食べ物です。一瞬ふわっとした状態になりますが、その後思考や精神状態、身体のレベルが下がることに。

白砂糖を避けるためにおすすめなのは、ご自宅の砂糖をてんさい糖やキビ糖に変える方法です。

③小食にする

さらに、食べ過ぎないこと、小食にすることが大切です。疲れているからとめいっぱい食べようとする人が少なくありませんが、たくさん食べることで内臓に負担をかけてしまいます。

「腹八分目に医者いらず」といわれますが、疲れを取り除くためには腹六分目から八分目におさえて、よく噛むことです。

④生命力のある食べ物

腹八分目でおさえる中で、食べていただきたいのが、生命力のある食べ物です。

玄米は、水に浸しておくと目が出てくる、生きた食べ物です。このような食べ物を意識して摂るようにしましょう。

⑤一物全体(いちぶつぜんたい)

もうひとつ心がけてほしいのは、まるごと食べられるものを食べるということ。これを「一物全体」と言います。魚や季節の野菜、旬の食べ物をまるごと食べるようにしましょう。

今は、旬であるかどうかにかかわりなく、1年中食べられる野菜なども増えてきました。しかし、夏の野菜は身体を冷やす効果があります。夏の野菜は夏に、冬の野菜は冬に摂るのが理想です。

⑥身土不二(しんどふに)

また、日本人であるからには日本で育った食べ物を摂るのが自然のサイクルにも即しています。外国産の食べ物は、育った環境や気候がまったく異なります。人の身体とその人が育った土壌は二つではありません。東洋医学ではこれを「身土不二」と表現します。

身体に合う食べ物は、その人が育った土壌で育まれたもの。そう考えると、できるだけ日本産の食べ物を口にすることが大切です。

⑦朝食は控えるか少なめに

東洋医学の考え方からすると、朝は排泄の時間に当たります。小水、大便に加えて、目やになどが出ますし、口の中も乾いています。排泄の時間に、食事を摂る必要はありません。寝ている間に汗をかいた分、水に粗塩をなめる程度でかまわないのです。

脳を働かせるためのブドウ糖が摂りたいなら、生姜茶に黒糖を入れて飲むのがおすすめです。

⑧適度な運動をする

さらに、循環をうながし、身体のだるさをとるための運動も行いましょう。

身体が疲れているからといって、休みの日に日がな一日だらだらしていると、余計にしんどくなってしまいます。

⑨オススメの漢方

漢方を服用するなら、「補中益気湯」がおすすめです。

「中」という言葉は、お腹を表しています。お腹を盛り立て、気を増幅させる働きがあり、倦怠感を取り除くのに効果があります。

⑩お酒を控える

もうひとつ、忘れてはならないのがお酒を控えること。飲み過ぎた翌日、倦怠感があるのは当然です。「酒は百薬の長」とも言われますから、嗜む分には構いませんが、過ぎるのはよくありません。

また、お酒の種類にも気をつけましょう。日本酒を飲むなら、米と麹で自然発酵した純米酒がおすすめです。酸化防止剤が入っているワインは、飲み過ぎるとかなり調子を崩します。余計なものが入っていない日本酒や焼酎、ビールなどを選んで飲むことが大切です

おわりに

元気

身体の疲れがとれないときの対処法と題して、10個の方法をご紹介させていただきました。一度に全て取り組もうとすると大変ですので、簡単なものから試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

動画解説

当院までの行き方町田駅から徒歩2分

住所〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18
ユニオンビル4F/5F(4F受付)
電話番号042-705-6090
アクセス小田急線 町田駅 北口 徒歩2分
電話相談

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
 

全員が国家資格者で安心!
女性スタッフも在籍しています!

 
技術だけじゃない患者様に選ばれる6つのポイント

\ 国家資格保有 /女性スタッフ在籍

\ 仕事帰りに来院できる /平日20時・当日予約OK

\ 平日忙しい方も安心! /土・日・祝も営業

\ 好アクセスでラクラク /町田駅から徒歩2分

\ 手持ちがなくてもOK /クレジットカードOK

\ 手ぶらでOK /無料のお着替え

インターネット特別割引キャンペーン

当日予約も承っています!

どんなお悩みも大歓迎!

些細なことでもお気軽に
お問い合わせください。

042-705-6090

東洋はり灸整骨院

町田市森野1-34-18
ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口徒歩2分

営業時間
平日 10:00~20:00
土祝 10:00~19:00
日曜 10:00~17:30
定休日
お盆 / 年末年始

スマホの方はタップで電話が繋がります042-705-6090