お客様の声labelめまい

3回目の施術後から仕事も復帰できるようになりました

良性発作性頭位めまい症を改善された男性のお客様 chat

――本日は、お客様にお願いして鍼灸施術の感想などを少しお話していただきたいと思います。よろしくお願いします。

お客様:よろしくお願いします。

東洋はり灸整骨院に来店された経緯

――まずはどのような、症状で来られたのか教えてください

お客様:はい、私は良性発作性頭位めまい症という病気になりました。朝起きたら急に視界がぐるぐる回転し始めて、病気で救急車運ばれてしまい入院することになりました

――生まれて初めての入院とおっしゃっていましたが、大きな病院ですか?

お客様:はい。大学病院です。

――大学病院に入院されていたということですね。改善されましたか?

お客様:最初の2日はちょっと首も動かすのも難しいくらいでした。徐々に動かせるようになって、4、5日ぐらいで退院しましたが、それからも発作で夜中に急にぐるぐる、めまいが出ることが続きました。

――大学病院の治療ではよくならなかったということですね。

お客様:そうですね。仕事も再開しようと思いましたがふらふらで難しく、たまたま先生のYouTube動画を見て通わせてもらうことにしました。

――ありがとうございます。

東洋医学による鍼灸施術を受けた感想

――東洋はり灸整骨院で鍼灸施術を受けられて、どのように変化していったのでしょうか?

お客様:最初に来た時はほんとにふらふらでした。先生に施術をしてもらった日の夜に体が回っていく形で、熱が出ているわけではないですが、循環している感じが実感できました。体が循環するとちょっとしんどくなりますが、翌日になると少しよくなってきたのが実感できました。その後何回か通わせてもらって、おかげさまで一回も再発していません。

――あまり時間がかからずに結構よくなりましたよね。

お客様:そうですね。3回くらい通うと仕事に復帰できるようになりました。

めまいの鍼灸施術について

――病院で「良性発作性頭位めまい症」と病名はついていても、原因がわかりませんので治療をしても根本的なところが治りません。大学病院まで行っても耳鼻科の先生は首から上しかみませんのでからだ全体をみていません。

しかしお客様は、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 皮膚の症状
  • 目の症状
  • ふくらはぎの痛み

などの他の症状ももともと持っておられました。こういった症状を元々持っていて爆発してめまいが発生したのです。だから「めまい」だけをみていても良くならないでしょう。

一方、東洋医学ならもともとどんな体質なのかを聞くことで症状が出ている原因を突き止めることができます。めまいでお悩みの方は東洋医学での鍼灸を選択肢に入れてみることをお勧めします。

本日はご協力ありがとうございました。

お客様:ありがとうございました。

おわりに

いかがでしたか?

本日はめまいの症状を改善されたお客様との対談をご紹介しました。

良性発作性頭位めまい症にお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ東洋はり灸整骨院へご相談ください。西洋医学では原因不明と言われた場合でも、東洋医学なら大元の原因が分かることも多々あります。

一日でも早く健康的な生活ができるようスタッフ一同、サポートさせていただきます。

※施術効果には個人差があります。

救急車で3回運ばれるほど酷かった良性発作性頭位めまい症を改善!

相模原市にお住まいのN.F様(30代/男性) chat

――本日はお客様にご依頼してお話を聞かせていただきます。よろしくお願いします。

お客様:よろしくお願いします。

東洋はり灸整骨院へ来店された経緯

――どのような症状で来店されたのでしょうか。

お客様私は良性発作性頭位めまい症で、こちらに伺いました。その前に3回、病院に運ばれて治療を受けましたが、あまり有効な治療をしてもらえませんでした。

――自力では歩けないほどめまいが酷く、救急車を呼んで運ばれたとおっしゃっていましたね。

お客様:はい、回転性の眩暈(げんうん)でしたので、全然歩けませんし、仕事もずっとその間休んでいました。

めまいの原因

――病院では何が原因だと言われましたか。

お客様良性発作性頭位めまい症は、耳の耳石が三半規管に入ることが原因だと言われているそうですが、病院では特に何してもらえなかったので回転性のめまいが続いていた感じです。

――当店に来られた当初は、ベッドで仰向けからうつぶせになるのも大変そうでしたね。

お客様:はい。最初は起き上がる、寝ころぶという動作が本当に大変でずっと動けませんでした。

鍼灸施術の感想

――東洋医学の鍼灸施術を受けられてどのように変化されましたか。

お客様:施術を受けて3、4回目くらいに急激にではなく、だんだんちょっとずつ良くなった実感はありました。もう今は全く症状が無くて元気になった感じです。

――初回から3回くらいで徐々に変化して、今がちょうど5回目の施術が終ったところですが、かなり良くなられたということですね。めまい以外にも

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 足がつる
  • めまい
  • 高血圧

などの症状があったそうですが、それらは軽減されましたか。

お客様こちらに通うようになってからはまだ一度も頭痛は起きていません。

――今日は腰も辛いとおっしゃっていたので鍼をいたしましたが、腰の状態もはじめよりはよくなっていますか。

お客様:はい、そうですね。

西洋医学と東洋医学の違い

――病院でなぜめまいをよくならないのかというと、耳鼻科の先生は耳周囲しか考えないからです。整形外科の先生は腰痛について腰しか考えませんし、脳神経外科の先生は頭痛について頭や首しかみません。だから一向に改善しないのです。

しかし、東洋医学の考えでは、先ほどの

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 高血圧
  • 足がつる

というのは同じツボで改善できます。あるツボを施術すれば、そのツボに関係しているすべての症状がどんどん取れていくのです。

めまいや頭痛で苦しんでいる方はたくさんいらっしゃると思います。それらが慢性的に起きている場合は、西洋医学より東洋医学の方が有効でしょう。

この事実をお伝えしたくて本日は、実際に東洋医学でめまいを改善したお客様にご協力をいただきました。ありがとうございました。

お客様:こちらこそありがとうございます。

※施術効果には個人差があります。