動眼神経麻痺でお悩みの方へ

動眼神経麻痺

東洋はり灸整骨院の石丸です。

今回は、動眼神経麻痺(どうがんしんけいまひ)についてお話させていただきます。

動眼神経麻痺について 解説動画

動眼神経麻痺とは?

目

動眼神経麻痺は、目の周りにある動眼神経がなんらかの影響により麻痺し、正常に動かなくなってしまうものです。

動眼神経麻痺になると

  • 物が二重に見える
  • 片方に寄って見える

といった症状が出ます。

病院に行く方が多いと思いますが、実は眼科、病院では原因不明とされています。そのため、神経伝達や血流をよくする薬やビタミン剤、ステロイドで回復しない場合は手術となります。

手術となるとやはり体に負担がかかりますので、その前に一度東洋医学の鍼灸施術を受けていただきたいと思っています。

東洋医学で根本改善を目指そう

鍼灸施術

この動眼神経麻痺ですが、自然治癒することもあります。

自然治癒力で改善するということは、東洋医学で生命力を高め、目に向かう経絡を活発化させれば改善できるということです。

東洋医学は体全体をみる

また東洋医学では、動眼神経麻痺でお悩みの方の他の症状も一緒に見ます。

例えば、

  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 足がつりやすい
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • お酒が強い・弱いなど極端な反応
  • もしくは肝臓の数値に異常が出る
  • 粗食でもコレステロールが高い

など。

皮膚の症状ですと、

  • 乾燥肌
  • 吹き出物が出る
  • アトピー

鼻の症状ですと、

  • 蓄膿
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • 後鼻漏

これらの症状があって動眼神経麻痺もある、というのが東洋医学の考え方です。

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学は「木を見て森を見ない西洋医学」と言われ、動眼神経麻痺は見てもその他については全く考慮しません。

そのため病院へ行くと

  • 動眼神経麻痺は「眼科」
  • めまいは「脳神経外科」

と科がバラバラになり、それぞれで対症療法になってしまい改善しないのです。

一方、東洋医学は「森を見て木を治す東洋医学」です。

全てを見てからまとめて施術するので、動眼神経麻痺だけでなく他の症状も併せて良くすることができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、動眼神経麻痺についてお話をさせていただきました。

東洋医学専門の鍼灸施術をすると、手術後に動眼神経麻痺が悪化するリスクも低くなります。また、他の症状が大病にならないようコントロールすることも可能です。

症状が出ている部分は、ほんの一部でしかありません。一部分だけを施術するのではなく、全体をみて、体の機能を改善していく鍼灸施術をすることが重要なのです。

動眼神経麻痺でお悩みの方は、手術をする前に、ぜひ一度東洋医学専門の鍼灸院をお訪ねください。