唾液過多症の鍼灸施術について

唾液過多症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「唾液過多症は東洋医学で改善しよう」と題してお話させていただきます。

唾液過多症に有効なツボ

唾液過多症は原因不明?

女性

唾液過多症は、病院では原因不明の症状です。そのため、治癒できません。

心療内科を勧められるケースもありますが、適切な東洋医学の鍼灸施術を受ければ、改善できます。

東洋医学の考え方

鍼灸

東洋医学では、唾液過多症に関連するのは、五臓六腑のうちでも「脾」と「腎」だと考えます。

どちらも、体内の水に関連しているツボですが、体内の水に関して東洋医学では、色体表の五液として

  • 「涙」
  • 「汗」
  • 「涎」
  • 「涕」
  • 「唾」

の五つに分けます。

この色体表の五液を基にお客さまへの問診を行い、「脾」と「腎」のどちらのタイプかを知るわけです。

最終的には、

  • 脈診
  • 腹診
  • 舌診

などで、「腎」を主証とする腎脾か、「脾」を主証とする脾腎かを確認します。

腎脾の場合

腎脾の場合は腎、肺、脾の順で補い、その後、心包経を補います。

脾腎の場合

脾腎の場合は、脾、心包、肺を補ってから脾を補う施術が効果的です。

お灸

お灸

鍼灸師によるお灸の場合は、照海・列決という奇経灸をお勧めしています。

左の照海に五壮、右の列決に三壮という具合にクロスに据えることで、腎の働きを高めることができます。

ご家庭でお灸をする際は、

  • へその上にある「中脘」
  • へその横にある「天枢」
  • 足の裏にある「裏内庭」
  • 胃腸の経絡にある「足三里」

といったツボが有効です。また腎兪、湧泉などのツボも、当店での鍼灸施術に使用しています。

鍼について

鍼

根本改善を求める場合は、鍼の施術も必要になることがあります。

ご家庭で行う場合は、シールタイプのものも薬局などで売っていますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

おわりに

いかがでしたか?

本日は、唾液過多症についてお話させていただきました。

唾液過多症はさほど多い症例ではないため、どこの鍼灸院でも対応が可能なわけではないかもしれません。

この症状にお悩みの場合は、東洋医学を専門としている鍼灸院へと足をお運びください。