野球肘でお悩みの方へ

野球肘

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、野球肘についてお話しします。

野球肘について 解説動画

西洋医学の治療法

当店にも、肘の痛みを訴える方がおいでになります。

すでに野球肘だと診断を受けていたり、その疑いがあるという方ですが、西洋医学での診断とは異なる点をお話ししていきましょう。

こうした訴えに対して、整形外科では、痛みのある部分が炎症していることを想定して、その部位だけを見ます。野球肘の疑いがあれば、肘だけに着目するわけですが、これももちろん大事な視点ではあります。

しかし、内側上顆炎など、部分的にみます。痛い部分が炎症しているのだということで、部分だけをみるのです。整形外科では、肘だけをみるということです。部分的にみるということももちろん重要なことです。

しかし東洋医学の鍼灸では、その他の症状や体質なども考慮しながら、野球肘の施術を行っていきます。

東洋医学の施術法

主訴が野球肘であっても、その他に、

  • 鼻が昔からあまりよくない
  • 風邪をひくとせきがひどい
  • 喘息がある
  • 風邪をひきやすい
  • 便秘である
  • 末端が冷える
  • 手足に汗をかきやすい
  • 眠りが浅い
  • ドライアイ

などの症状を持ち合わせていることがあります。

東洋医学では、そうしたことを把握したうえで、野球肘の鍼灸施術を進めます。

体全体を包括的にみる

身体は、つながっています。どこか一箇所の痛みであっても、その全体をみて施術を進める必要があります。

フォームの改善なども必要にはなるでしょうが、それだけでは、慢性的な痛みの解消にはつながりません。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、野球肘についてお話させていただきました。

鍼灸は、慢性症状に有効です。

身体全体をみることで、慢性的な痛みに有効なのが東洋医学ですの。ぜひ東洋医学専門の鍼灸院に足を運ばれることをおすすめします。