気象病の鍼灸施術について

気象病

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「気象病は東洋医学専門の鍼灸で根本改善を目指そう」と題してお話しします。

気象病について 解説動画

気象病とは

気象病という病気をご存知でしょうか。

これは、患者さまをとりまく環境の変化から出る病気で、

  • 台風の接近
  • 急な雨
  • 晴天
  • 突風
  • 急な寒さや暑さ

といったものに影響されるのです。

西洋医学は対症療法?

しかし、具合が悪いのだからと病院に行っても、そこでは、

  • 血液検査
  • MRI
  • CTスキャン
  • レントゲン

といったお決まりの検査をするだけで、そこに気候という観点はありません。

西洋医学では人体だけを見ます。そのため、人体と気象、人体と環境の変化といった関連においては、全くといってよいほど理論がないのです。改善しようがないというのが本音でしょう。

これでは、気象病を改善することはできませんと思います。できるとすれば、対症療法だけです。

東洋医学の考え

これに対して東洋医学では、人体と

  • 気象
  • 気候
  • 天気

は密接につながっているものだと考えます。

東洋医学は、4000年以上前から人体と気候の関連性をその理論の根本においているのです。そのため、こうした気象病は、医学としての基礎になります。

  • 湿気の多さがお腹の不調につながる
  • 台風が到来すると頭痛がする
  • 乾燥した空気で喘息を発症しやすい
  • 春にはぎっくり腰や肩こり
  • 偏頭痛を起こしやすい
  • 生理痛が強くなる

といったことが、東洋医学ではこと細かに記されています。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、気象病についてお話させていただきました。

今現在、気象病の症状でお悩みの方で、本当に改善したいとお考えなら、東洋医学を専門とする鍼灸院でご相談ください。

東洋はり灸整骨院でも国家資格を持つスタッフが全力でサポートさせていただきます。ぜひ一度お越しください。