東洋医学専門の鍼灸で体外受精の成功率を上げよう

体外受精

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、「体外受精での妊娠率を上げたいなら、東洋医学専門の鍼灸院へ」と題してお話しします。

東洋医学は不妊に有効

不妊施術を望まれる方の中には、西洋医学の病院での体外受精と同時に、当店で東洋医学による鍼灸施術を受け、妊娠に至るケースが多数あります。

不妊治療において東洋医学の効果が高い理由はまず、東洋医学が生命力を高め、妊娠しやすい身体をつくるからです。

  • 鍼灸
  • 漢方
  • 食事療法

など、さまざまな側面から生命力のある身体をつくり、新しい生命を生み出すための生命力を高めるのです。こうして生命力を高めることなく体外受精をしても、妊娠する可能性は低いままです。

しかし、病院をはじめとする西洋医学には、こういった考えがありません。

そのため、当店においでになる方は、西洋医学の人工授精に東洋医学による生命力をプラスアルファし、可能性を高めていくのです。

体の不調を取り除こう

次に注目すべきは、東洋医学によって、不妊症に繋がる身体の不調を取り除き、妊娠に向かわせることができるからです。

身体の不調があれば、新しい生命を生み出すこともできません。しかし、現在の身体の不調を取り除くことさえできれば、妊娠しやすい身体がつくられ、体外受精での成功にもつながるのです。

東洋医学は「経験医学」

続いて、東洋医学が中国4000年、日本国内で1400年以上の歴史をもち、不妊症に対する施術法を確立している点が重要です。

本来、私ども日本人のDNAに染みついた医学であるにも関わらず、明治維新以降に西洋医学一辺倒になってしまったことで、身体の不調や生命力の枯渇に目を向けなくなりました。

西洋医学的な観点からさまざまな施術をするのみならず、東洋医学的な生命力を高め、体の不調を取り除くことも非常に重要なのです。

そもそも最初からこうした観点を持ち、東洋医学の鍼灸を受けていれば、自然妊娠が可能であったかもしれません。

不妊症に関する解説動画

不妊症体質を改善されたお客様との対談

※施術効果には個人差があります。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、東洋医学による不妊鍼灸についてお話させていただきました。

自然妊娠も可能な身体をつくりあげたうえで、さらに妊娠率を上げるために体外受精に臨んでいただくことが、不妊治療を成功させる鍵であると確信しています。