東洋医学による偏頭痛の改善法

偏頭痛

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

本日は、東洋医学による偏頭痛の改善法についてお話しします。

偏頭痛についての解説動画

当店へ来られた偏頭痛でお悩みの方

東洋はり灸整骨院にいらっしゃる方の中にも偏頭痛を訴える方が大勢おられます。

通常は、「頭が痛い」と思った場合、まず病院に足を運ぶ方が大半なのではないでしょうか。脳神経外科や頭痛外来で検査してもらい、薬をもらうと思います。

それでもなかなか改善しない場合、当店のような鍼灸院に来られる方が多いでしょう。

原因不明では治しようがない

病院の脳神経外科や頭痛外来でみてくれるのは、頭部と頸部(けいぶ)だけです。そのあたりしかみないとなると、しっかりとした原因が判明することはありません。

原因がわからなければ、改善することはなく、服薬で痛みを抑えることしかできないのです。

しかし、非常に強い薬を長期間服用すると、胃腸が荒れたり、肝臓に負担をかけたりすることになります。血液が汚れるため、ほかの病気になるリスクも考えねばなりません。

患部しか見ない西洋医学

頭が痛いと訴える頭しか見ず、「あなたは偏頭痛です」と言うのが、西洋医学です。

その患者さんがたとえ、頭痛の他に、

  • 生理痛
  • 不眠症
  • ドライアイ
  • 乾燥肌
  • アトピー

などの症状を併せもっていたとしても、ほかの科でみてもらわねばならないため、良くならないのです。

頭が痛い原因は頭にあると思われるでしょうが、それは誤解です。その原因を突き止め、頭痛そのものが起こらないような身体になることを目指すのが、東洋医学です。

東洋医学は体を包括的にみる

東洋医学は、一人ひとりの身体全体を考えながら、偏頭痛の施術を行います。

偏頭痛でお悩みの方が持っているその他さまざまの症状、例えば、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 睡眠障害
  • 生理不順
  • 生理痛
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 末端の冷え
  • 乾燥肌
  • 花粉症
  • 円形脱毛症

などに対してもアプローチすることで、偏頭痛の症状を改善していきます。

東洋はり灸整骨院の実績

こうした視点を持つ東洋医学において、偏頭痛の原因は明確です。私はこれまで13年間鍼灸施術にあたってまいりましたが、女性の偏頭痛を100パーセント近く改善してきたという自負があります。

男性の方の場合は、99〜98パーセントにとどまり、どうしても改善できなかったという方が1人おられました。2~3回ほど鍼灸の機会をいただいたのですが、あと数回みさせていただけば、改善することができたかもしれないと考えています。

しかし、いずれにしても、非常に高い確率で改善することができるのが東洋医学です。

※施術効果には個人差があります。

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学と東洋医学を比較したときに、よく言われるのが、「病気をみる西洋医学、病人をみる東洋医学」ということです。

偏頭痛そのものをみる西洋医学に対して、東洋医学では、その方の体質やその他の症状をみていく――つまり、一人ひとりの身体全体をみていくということです。

これを、「木を見て森を見ない西洋医学、森を見て木を治す東洋医学」と言うこともあります。

つまり、病院では、偏頭痛(木)はみても、身体全体(森)をみない。その一方で、東洋医学は、その他の症状(森)をしっかりとみる中で、偏頭痛(木)もそのうちの1つだと捉えるということです。

おわりに

いかがでしたか?

本日は、偏頭痛についてお話させていただきました。

今現在、偏頭痛でお困りの方には、東洋医学専門の鍼灸院へご相談ください。