頭痛の症状に鍼灸をお勧めする3つの理由

頭痛

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、頭痛の鍼灸施術についてお話しします。

頭痛についての解説動画

頭痛の原因

頭痛を鍼灸施術する際、私たちはその原因を大きく3つの側面からとらえています。

原因①「お血」

まず1つ目は、「瘀血(おけつ)」です。

これは、血が汚れているという意味で、主に女性の頭痛の原因です。

血が汚れると、

  • 生理痛
  • 生理不順
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮筋腫

などの症状が出たり、生理や排卵の最中などに頭痛が出ることがあります。仮に、月経に関わるタイミングで頭が痛くなるようであれば、瘀血を施術することで、頭痛の症状も改善します。

頭痛を訴えて脳神経外科へ行かれたとしても、頭痛と月経障害、瘀血の3つを関連付けて考えることはありません。頚椎の並びや、脳の断面図で判断するため、対症療法を行うほかないのが現状です。

原因②「水毒」

2つ目に考えるべき原因は、「水毒」です。

台風が近づくと頭が痛むという方がおられるのは、人間の身体のほとんどが水でできているからです。

台風などの低気圧も水ですよね。そうすると、水対水で体が水をうまく処理できないことがあります。そのうまく処理できなくなった水を東洋医学では水毒といいます。水毒が悪さをして頭痛を引き起こすのです。

この水毒に着目した施術をすれば頭痛が起きなくなってきます。

原因③「季節の変化」

原因の3つ目は、季節の変わり目、温度差、満月といった外の変化が挙げられます。

満月と聞いて驚くかもしれませんが、頭痛に長い間悩んでこられた方は、薄々気づいておられるかもしれません。

また、東洋はり灸整骨院へ来店される方の中には、店に出入りすると頭が痛くなるという方もおられます。この方の場合、気温と湿度が一定に保たれているショッピングモールのような場所で店を出入りしても、頭痛は出ないそうです。これは、温度差が原因になっている例ですね。

外の変化が原因で起きる頭痛を鍼灸施術するためには、変化に反応しない、変化を跳ね除けられる身体をつくる必要があります。東洋医学は、そのような施術を非常に得意としています。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、頭痛の鍼灸施術についてお話させていただきました。

  1. お血
  2. 水毒
  3. 季節の変化

これらの3つの原因を考えながら頭痛を施術すると、ほとんどの問題は解消すると言っても過言はないでしょう。

頭痛でお困りの方は、ぜひ東洋医学を専門とする鍼灸院にご相談ください。スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。