耳菅開放症の鍼灸施術について

耳菅開放症

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、耳管開放症の鍼灸施術についてお話しします。

耳管開放症に関する解説動画

耳管開放症を治すのは難しい?

この耳管開放症は、施術の難易度が少し高いと言われており、施術方法がわからないという施術院や、そもそも扱っていないというところもあります。しかし、東洋医学を専門にする東洋はり灸整骨院では、耳管開放症の鍼灸施術にも積極的に取り組んでいます。

耳管開放症になった場合、皆さんの大多数はまず、西洋医学の病院へ行き、耳鼻咽喉科での診断を受けられるでしょう。そこではせいぜい、顔の付近しか診ず、対症療法しかできないため、根本的な解決にはつながらないというのが実際です。

耳管開放症は漢方薬でよくなる?

最近では、「加味帰脾湯(かみきひとう)」という漢方薬が処方されることもありますが、それでもよくならないケースが多いはずです。それは、耳鼻咽頭科の領域を超え、身体全体を考えないからです。

耳菅開放症の方の数だけ、その体質も異なります。共通するのは、耳菅開放症という症状を持っているということだけです。

処方された漢方薬がたまたま合う人もいれば、合わない人もいる。それが事実です。

東洋医学での鍼灸施術について

一方で、東洋医学を専門とする東洋はり灸整骨院では、まず、耳菅開放症以外の症状をみます。

  • 呼吸器系が弱い
  • ぜんそく気味である
  • 気管支炎になりやすい
  • 円形脱毛症がある
  • 手足の末端が冷える
  • 腰が痛い
  • 首が痛い
  • 肩が痛い
  • 筋緊張型の頭痛がある
  • 鼻の調子が悪い
  • ドライアイになる
  • 生理痛や生理不順がある

――このような症状を包括的にみることが重要です。

顔の付近に症状が集中しているからといって、その周辺だけをみても根本改善にはつながりません。身体全体を見据えて、なぜこの人が耳菅開放症になっているのかと、パズルを組み立てるように、一つひとつの症状をみていかなければ、よくならないのです。

そのうえで当店では、一人ひとりのお身体全体を考えてカウンセリングを行いながら、耳菅開放症に効果のあるツボを用いて鍼灸施術を行っていきます。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、耳菅開放症についてお話させていただきました。

耳菅開放症は、さほどメジャーではないので、施術を受けられる鍼灸院が少ないかもしれません。ですが、東洋はり灸整骨院ならしっかりと大元の原因からアプローチすることができます。

耳菅開放症の症状でお困りの方はぜひ、東洋医学を専門とする鍼灸院でご相談ください。