腰椎すべり症でお悩みの方へ

腰椎すべり症
  • 「いつも何となく腰に違和感がある」
  • 「前かがみになると突っ張り感や痛みがある」
  • 「下肢にしびれが出ている」

こんな症状が出た時、整形外科に行かれる方が多いのではないでしょうか。

腰椎すべり症は高齢者に多いとされますが、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアと並んで腰痛の代表的な症状です。

一体どんな症状なのか、なぜ東洋医学が腰椎すべり症に効果があるのか、解説していきます。

西洋医学(病院)が考える腰椎すべり症

西洋医学

腰椎(背骨)は脊椎の腰部分で、椎骨(ついこつ)が椎間板というクッションをはさんで5つあり、通常は自然なS字カーブをしています。容易なことではずれたり外れたりすることはありません。

ところが、何らかの原因でこの椎骨がずれてしまうと、腰椎すべり症になります。

体の前方にずれることが多く、骨が神経を圧迫することで痛みやしびれが起こると考えられています。

腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症には、

  • 腰椎分裂すべり症
  • 腰椎変性すべり症
  • 外傷性腰椎すべり症

などがあります。主な原因は加齢とされています。

若いうちは腰椎がずれてもまわりの靭帯が柔軟性があり丈夫なので、すぐに元の位置に戻すことができます。しかし、加齢とともに靭帯が衰え、腰椎を戻すことができなくなるのです。

そのほかの原因としては、生活習慣や激しいスポーツによるもの、高い所からの転落など外傷によって発症する場合もあります。

レントゲンの結果は信用できない?

すべり症は激しい痛みを伴わないことがほとんどです。そのため放置してしまい、下肢に痛みやしびれが起こるようになって整形外科に行くことが多いようです。

整形外科では必ずといっていいほどレントゲン撮影を行いますが、腰椎すべり症は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症よりレントゲンでの撮影が容易です。また、MRIで撮影すると神経の圧迫部位やその度合いまでよくわかります。

画像から判断し、腰椎すべり症であると言われた後、治療に入ることになりますが、この時に痛みやしびれの具合を確認します。

すると、レントゲンやMRIの画像から想像される度合いと全く違うことを言われるケースが非常に多いのです。画像を見る限りひどいすべりなのに、本人は気にするほどの痛みを感じていないのです。

逆にすべり症ではないと思われるほど痛がっているのに、すべり症以外の症状が画像に写っていないこともあります。

日本整形学科学会も認めている

これは日本整形外科学会も認めていることで、「画像検査を撮影した患者のうち80%が、画像と主訴が一致しない」のです。

女性に比べ男性は痛みに対して弱いといった差もありますが、これは男女の違いでは決めつけられない一般的な現象です。

つまり、「西洋医学の検査画像では、20%しか訴えを正確に捉えられない」ということなのです。

レントゲン・CT・MRIの弱点

レントゲンはもともと骨や肺・歯の画像み断によく使われていたものであり、軟骨、筋、神経などを正確に写すことはできません。

CTやMRIはより詳細な部分まで写すことができますが、レントゲンと同様静止画でという弱点があります。

人間は生きているものですから、

  • 息を吸っている時
  • 吐いている時
  • 立っている時
  • 横になっている時
  • うつぶせになっている時

で体内の状態は違います。

また、撮影前のちょっとした動作や姿勢が画像に影響を及ぼすこともあります。そのため、ほんの数枚の画像で正確に判断することは非常に困難なのです。

かといって被爆の危険性もありますから、体のことを考えたら何十枚も撮ることはなかなかできません。そのため、腰椎すべり症のような命に係わることのない症状の場合、数枚の画像で判断されるわけです。

特に手術を伴わない場合、患者さんの訴えに応じて薬の強さを変えれば良いだけですから、非常に安易といえます。

一般的な対策

腰椎すべり症の場合、悪性の病気ではないため、

  • 安静
  • 内服薬
  • コルセット

などで対処することがほとんどでしょう。

回復が思わしくない場合は、

  • マッサージ
  • 電気
  • 理学療法
  • ブロック注射

などを行います。

ですが、これらの施術を行っても一向に改善されない方も少なくないと思います。

手術のリスク

それでも良くならない場合は手術ということになりますが、以前より安全度が高くなっているとはいえ、100%の成功率ではありません。

合併症として感染や神経損傷などがあり、特に神経損傷は手術をする医師の腕に差があるため、信頼して手術を受けても取返しのつかないことになるケースがあるのです。

東洋医学による鍼灸施術

鍼灸

もちろん東洋医学では手術はできません。あくまで治癒力を引き出し、全身の働きを正常に持っていきます。

その助けとして鍼灸を利用し、毎回施術の効果を確かめ、少しずつ体を調整していきます。自分自身の体で症状を改善していくのです。

当店にお越しいただいた方のケース

整形外科へ通っても痛みやしびれがなくならず、日常生活が不自由なままであったり、手術を勧められたため、最後の望みをかけて鍼灸を受けに来る方が増えています。

みなさん、最初は半信半疑ですが、何回か通われるうちに徐々に変化を実感していきます。

はじめは「まともに歩けるようになればいい」と考えていた方が、どんどん積極的になられて「最近はウォーキングを楽しんでいます」とおっしゃるのを聞くと、こちらもとても嬉しくなります。

すべり症についての解説動画

おわりに

いかがでしたか?

すべり症は加齢や更年期の女性ホルモン減少によることが多いとされています。ですが、いつまでも元気に歩くために積極的な施術を受けることをお勧めします。

また、その時には、

  • レントゲン・CT・MRIの結果をうのみにしない
  • 薬や注射、手術は副作用があり、症状が悪化するケースもある

といったことを頭に入れておいてください。

また、マッサージやカイロ、整骨院では一時的に良くなったとしても対症療法に過ぎず、根本的な解決には至らないことも覚えておきましょう。

東洋医学は2018年にはWHOにも認められた施術法です。半信半疑でもかまいません。これまで他へ通っても症状が改善しなかった方は、ぜひ一度東洋はり灸整骨院にご相談ください。

経験豊富なスタッフが、腰だけでなく全身を健康に導くお手伝いをさせていただきます。