腰椎すべり症でお悩みの方へ

腰椎すべり症
  • 「いつも何となく腰に違和感がある」
  • 「前かがみになると突っ張り感や痛みがある」
  • 「下肢がしびれている」

といった症状でお困りの場合は、腰椎すべり症の疑いがあります。腰椎すべり症は高齢者に多いとされていて、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアと並んで腰痛の代表的な症状です。

今回は腰椎すべり症の症状や東洋医学によるアプローチについてお話ししたいと思います。

西洋医学による腰椎すべり症の捉え方

西洋医学

腰椎(背骨)は脊椎の腰部分の骨です。椎間板というクッションをはさんで5つの椎骨があり、通常は自然なS字カーブを描いています。容易なことでは外れたりしません。ところが、何らかの原因で椎骨がずれてしまうと、腰椎すべり症になります。

腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症には、

  • 腰椎分裂すべり症
  • 腰椎変性すべり症
  • 外傷性腰椎すべり症

などがあり、いずれも主な原因は加齢にあるとされています。

若いうちは腰椎がずれてもまわりの靭帯に柔軟性があり丈夫なので、大事にはなりません。すぐに元の位置に戻ります。しかし、加齢とともに靭帯が衰え、ずれてしまった腰椎を戻せなくなるのです。その他にも、生活習慣や激しいスポーツ、高所から転落するといった外傷によって発症することがあります。

こうした理由で椎骨がずれ、神経を圧迫することで腰の痛みやしびれが起こるのです。

レントゲンによる画像検査がすべてではない

腰椎すべり症は、激しい痛みを伴わないことがほとんどです。そのため、その初期の段階では放置されがちです。下肢に痛みやしびれが起こるようになってから、整形外科を受診するケースが多数ですが、そこでは必ずといっていいほどレントゲンによる画像検査を行います。

腰椎すべり症は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症よりレントゲンでの撮影が容易で、MRIを使えば神経の圧迫部位やその度合いまでよくわかります。画像から腰椎すべり症であると診断された場合は治療を行うことになりますが、この際、痛みやしびれの具合を確認する段階で、レントゲンやMRIの画像から想像される痛みやしびれと実際の状態とが乖離していることが多いのです。

画像を見る限りひどい痛みがあるはずなのに本人はさほど痛みを感じていなかったり、腰椎すべり症が疑われるほど本人は痛がっているのに、腰椎すべり症としか画像からは診断できなかったりするのです。

日本整形学科学会も認めている

こうした現象は、日本整形外科学会も認めていて「画像検査を撮影した患者のうちその80%で画像と主訴が一致しない」としています。

女性より男性のほうが痛みに弱いといった差もありますが、これは、男女の違いでは決めつけられない一般的な現象です。これは、「西洋医学の検査画像では、その20%しか訴えを正確に捉えられない」ということに他なりません。

レントゲン・CT・MRIの弱点

レントゲンはもともと、骨や肺、歯の画像診断に用いられていたもの。軟骨や筋、神経などを正確に写し取ることはできません。CTやMRIはレントゲンより詳細に写し取りますが、レントゲン同様、静止画に過ぎないというのがウィークポイントです。

人間は、生きています。だからこそ、

  • 息を吸っているとき
  • 息を吐いているとき
  • 立っているとき
  • 横になっているとき
  • うつ伏せになっているとき

でそれぞれに体内の状態も異なります。また、撮影前のちょっとした動作や姿勢が画像に何らかの影響を与えるケースもあり、ほんの数枚の静止画像で身体の状態を正確に判断するというのは難しいといわざるをえません。

西洋医学による対症療法とは

腰椎すべり症は、決して悪性の疾患ではありません。そのため、薬を内服したりコルセットをつけたり、安静に過ごすといった方法で対処することがほとんどでしょう。なかなか改善しない場合は、マッサージや電気療法、理学療法を行ったりブロック注射したりすることもあります。

ですが、これらの施術を行っても一向に改善されないという方も少なくないと思います。そういった場合は手術ということになりますが、その成功率は100%ではありません。以前より安全度は高まっていますが、感染や神経損傷などの合併症が否定できないのです。執刀する医師の腕次第で神経を損傷することもあり、取り返しのつかないことになるケースがあるのです。

治癒力を高めるという東洋医学の考え方

鍼灸

東洋医学では、手術はできません。目指すのは、身体の治癒力を引き出し、全身の働きを正常に持っていくということ。その助けとして鍼灸を利用し、毎回施術の効果を確かめ、身体を少しずつ調整していきます。つまり、自分自身の身体で症状を改善していくのです。

整形外科に通院しても思ったように痛みやしびれが改善せず、日常生活が不自由なままであったり手術をすすめられたという方が増えています。最後の望みをかけて鍼灸を受けに来たものの、最初は半信半疑なのですが、何回か施術を受けるうち徐々に変化を実感できたという方が大半です。

すべり症についての解説動画

腰椎すべり症の症状を改善するために

腰椎すべり症は加齢や更年期の女性ホルモン減少が原因となるケースが多く、症状を自覚した場合、多くの方が整形外科を受診されます。しかしこのとき大切なのは、レントゲンやCT、MRIの結果をうのみにしないこと。さらに、薬や注射、手術には副作用があり、症状が悪化するケースもあると頭に入れておくことです。

また、マッサージやカイロ、整骨院などの施術で症状が一時的に改善したように感じられるかもしれませんが、これは対症療法に過ぎません。根本的な解決には至らないことも併せて覚えておきましょう。

腰椎すべり症を何とかしようと整形外科、マッサージなどに通い、その改善を実感できなかったという方は、ぜひ一度、東洋医学を専門とする鍼灸院にご相談ください。東洋医学による施術は、WHOにも認められています。最初は半信半疑でも、その効果を実感されるはずです。

当店でも、経験豊富なスタッフが全身を健康に導くため全力でお手伝いさせていただきます。どうぞお気軽にご来店ください。

当院案内

 

当院の技術は多くのメディアで紹介されています!!
 

全員が国家資格者で安心!
女性スタッフも在籍しています!

インターネット特別割引キャンペーン

当日予約も承っています!

どんなお悩みも大歓迎!

些細なことでもお気軽に
お問い合わせください。

042-705-6090

東洋はり灸整骨院

町田市森野1-34-18
ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口徒歩2分

営業時間
平日 10:00~12:30 /14:30~20:00
土祝 10:00~12:30 /14:30~19:00
日曜 10:00~12:00 /14:00~17:30
定休日
お盆 / 年末年始

スマホの方はタップで電話が繋がります042-705-6090