不眠症でお悩みの方へ

睡眠
  • 「ベッドに入ってから何時間も眠れない」
  • 「睡眠不足で会社で居眠りをしてしまう」
  • 「睡眠薬を飲んでも寝れない」

そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ですがご安心ください。東洋医学なら、そんな悩みも解決することができます。

それではこれから、

「なぜ質の良い睡眠を取れないのか」

「取るにはどうしたらよいのか」

について、東洋医学の考え方を交えながら解説していきます。

寝たいのに眠れない不眠症

人間は睡眠を取らずに生きていくことはできません。仮にずっと起きていようとしても、いつの間にか意識がなくなっていくのが普通です。

しかし、中にはどんなに眠りたくても眠れず、苦しんでいる人もいます。

1日のうち約3分の1を占める睡眠が良質なものでなければ、あとの3分の2が影響を受け、重い気分の1日となってしまいます。そんな毎日では、人生を無駄にしてしまいますね。

スマホやパソコンの問題点

最近は、スマホがなければ一日がはじまらないという人が増えているようです。会社にいけば必ずパソコンはあるし、スマホやテレビのLEDディスプレイを見ない日も少ないでしょう。

すでにご存知の方も多いと思いますが、これらの画面からはブルーライトが出ています。

ブルーライト

ブルーライトは、

  • スマホ
  • ゲーム機
  • パソコン
  • 液晶テレビ

などから出ている青色光のことで、紫外線に次いでエネルギーが強い光です。一日中見ていると非常に目を疲れさせます。

また、エネルギーが強いため、脳が昼間だと勘違いし、メラトニンという睡眠ホルモンを分泌しなくなります。すると、夜遅くなっても体内時計が昼の時間のままになり、眠れなくなるのです。

交感神経と副交感神経

また、スマホを使用している時は脳が覚醒しています。遊びにしても仕事にしても、脳がフル回転している状態なので、自律神経のうち交感神経が活発に働きます。

交感神経は体を緊張させ、血管を収縮させる作用があります。ですが、眠りを誘うには副交感神経が優位になり、全身をリラックスさせて血管を拡張させる必要があります。

副交感神経を優位にさせるには時間がかかるため、就寝ギリギリまでブルーライトを見ているとベッドに入ってもすぐに眠れないのです。

就寝の30分~1時間前、できれば2~3時間前には画面から目を離すようにしましょう。

仕事などでどうしてもできない場合は、ブルーライト対策用のメガネや保護シールを使用してください。

脳を使うと眠れなくなる

LEDディスプレイを見なければそれでいいのかというと、そうではありません。

脳を興奮させると覚醒作用を引き起こすので、

  • 勉強のために教科書を読む
  • 難解な小説を読む

といった行為はやはり入眠を妨げます。

自然に逆らわない生活を!

夜に灯がともるようになってから100年程しかたっていません。

何千年もの間、夜はろうそくの灯程度で、体内時計に合わせた自然な生活をしていました。暗くなったら眠るのが人間のDNAには組み込まれているのです。

ですので、できるだけ自然に沿った生活を送るのが体にとって良いことなのです。

寝る前はリラックス

また、ゆったりした気持ちで入眠できるよう、のんびり入浴したり、全身をほぐすストレッチをして、心身をリラックスさせることが大切です。

質のいい眠りには、質のいい気が必要

LEDディスプレイはそれほど見ていないし、興奮するようなことはしていないのに、眠りが浅いという人がいます。これを東洋医学では「気虚(ききょ)」といい、簡単にいうと眠るエネルギーが足りないのです。

「昼間にたっぷりエネルギーを使い果たした結果、人は眠るのでは?」

と考える人が多いかもしれません。ですが、人間の細胞は24時間働いており、DNAさえ24時間のリズムがあることが、カナダの研究グループによって報告されています。

つまり、睡眠中もエネルギーが残っていないと脳細胞は新陳代謝ができず、自律神経が乱れて眠りが浅くなってしまうのです。

気が不足する2つの理由

気が不足するのは以下の2つの理由があります。

  1. すべての気を日中に使い切ってしまい、気虚になってしまう
  2. 元々「気」を作る力が弱い体質や状態

虚弱体質や呼吸器系が弱い方は気虚になりやすいので、当店ではその部分を鍼灸施術し、高い効果を上げています。

深夜1時には熟睡しよう

東洋医学では、深夜1時~3時までを肝臓の時間と捉えています。ですので、この時間はなるべく熟睡しているようにしましょう。

また、東洋医学では、「肝臓は血液を浄化する器官」と考えています。

血液の3分の2は睡眠中に肝臓に戻り、浄化されてまた体内に回ります。この作用が正常に行われると、朝浄化されたきれいな血液が全身を満たすため、1日の活力を得ることができるのです。

西洋医学でも入眠後30分~3時間の間に成長ホルモンが大量分泌されると考えられていますので、ほぼ同じですね。

成長ホルモン

この成長ホルモンは、以前は夜10時~深夜2時頃に分泌されると考えられてきましたが、最近の研究で時間はあまり関係ないということがわかってきました。

しかし、体内時計を正常に働かせるためにも夜12時までには入眠することが良いとされているのです。

成長ホルモンは細胞の新陳代謝や血液の浄化を促進させる働きがあるため、夜更かしは避けるようにしましょう。

睡眠についての解説動画

おわりに

いかがでしたか?

寝たいのに眠れない不眠続きの日々は本当につらく、霞がかっているような毎日を過ごさなければなりません。

「この状態を何とかしたい」、そうお考えなら、

  1. 入眠30分~1時間前は脳を興奮させない
  2. 深夜1時~3時には熟睡し、血液を浄化する
  3. 「気」を充実させ、気虚にならないようにする

上記の3つはぜひ心がけていただきたいと思います。

ですが、これらを実践しても寝つきが悪い方もいらっしゃるでしょう。

特に、

  • 仕事の関係でなかなか「気」を充実させる生活を送れない方
  • 子供の頃から虚弱体質の方
  • 病気で体力が戻らず熟睡できない方

上記に当てはまる方は、ぜひ一度東洋医学専門の東洋はり灸整骨院にご来店ください。

不眠症の根本原因を探り当てるため、問みの時間をしっかりと取り、一人ひとりの生活や体質に合った鍼灸施術を行なっていきます。

ぐっすり眠れ、活力ある一日を過ごせる健康的な体を取り戻しましょう。