頭痛の症状でお困りの方へ

頭痛

頭痛に苦しみ、当店に相談に来られる方は少なくありません。

  • 「生理前から生理中にかけて、頭痛がひどい」
  • 「気圧や天候の変化で頭痛が頻繁に起こる」
  • 「毎月のように偏頭痛が起きて、吐き気までする」

など、その症状や発症のタイミングはさまざまです。

頭痛は身近な症状ですが、実際に頭痛になってしまうと何も手につかなくなるほど辛いものです。

今回は、「東洋医学では頭痛をどう捉え、どう鍼灸施術していくのか」について解説させていただきます。頭痛でお悩みの方の参考になれば幸いです。

頭痛の種類と症状

頭痛

まず、簡単に頭痛の説明をしましょう。

頭痛は原因不明の「一次性頭痛」と、ある病気の症状として現れる「二次性頭痛」があります。

一次性頭痛には、

  1. (筋)緊張型頭痛
  2. 偏頭痛
  3. 群発頭痛
  4. 緊張型・偏頭痛混合

の4つがあります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は頭が締め付けられるような痛みの頭痛で、首、肩のコリや目の痛みが伴います。頭部の両側と後頭部によく起こります。

偏頭痛

偏頭痛は脈とともに痛み、頭の片側が痛むことが多いのですが、両側の場合もあります。吐き気や目の前がチカチカしたり、あくび、肩こりが伴うことが多いです。

群発頭痛

群発頭痛は男性に多く、ある期間毎日のように同じ時間帯に強烈に痛みが走ります。いつも同じ側が痛み、目がえぐり取られるような激痛を感じる方もいらっしゃいます。

検査をしてもハッキリしない一次性頭痛

カウンセリング

頭痛に悩まされ病院に行く場合、内科や脳神経内科・外科へ行かれると思います。また、肩こりなど他の痛みも強い場合は整形外科を受診することもあるでしょう。

緊張型頭痛は筋肉の緊張、偏頭痛は血管が拡張し周囲の神経を圧迫することによって起こるとされています。

群発頭痛ははっきり原因がわかっておらず、こめかみの血管拡張や自律神経の異常によるものではないかと考えられています。

しかし、一次性頭痛の場合、頸部のレントゲンや首・頭のMRIやCTで検査しても原因がわからないことがほとんどです。

救急処置が必要な危険な頭痛

頭痛

「二次性頭痛」あるいは「症候性頭痛」と呼ばれる頭痛があります。

脳腫瘍、脳梗塞、くも膜下出血など、脳に障害が起きた時の頭痛は以下のようなものです。

  • 突然ハンマーで殴られたような痛みが襲う
  • 頭が重く、奥がしびれるような感じがする
  • 首を振ると非常に痛んだり、重い感じがする
  • 発熱や吐き気、めまい、首や後頭部が硬くなる
  • 言語障害や意識障害、視覚・聴覚の異常、麻痺などが起こる

普段頭痛を感じない人がこのような症状を感じた場合は、速やかに救急車を呼ぶなどし、医療機関へ行く必要があります。

頸椎が変形するがストレートネック

ストレートネック

最近はパソコンやスマートフォンの長時間使用による、「ストレートネック」という症状が多くなりました。

頸椎(けいつい:首の骨)は重い頭をうまく支えるため、少し前にカーブしています。

ところがデスクワークなど同じ姿勢をずっと取っていると、カーブがなくなりまっすぐになってしまい、首の筋肉だけで頭を支えている状態になります。そのために慢性的な頭痛や首・肩こりが起こるのです。

頸椎は脊柱(せきちゅう:背骨)の一部で、頸椎が変形すると脊柱全体も歪んでしまいます。

ところが、西洋医学(病院)では、

「長時間同じ姿勢を取らないようにして、運動してください」

と言われ、牽引をしたり湿布薬を処方するだけのところがほとんどでしょう。

脊柱がゆがむとその周りの筋肉の働きもおかしくなりますし、臓器を圧迫するので内臓が弱くなります。その状態で牽引をされると、筋肉や靭帯、椎間板を損傷し、悪化してしまうこともあります。

西洋医学の、「体の一部だけみる」という判断で首だけ牽引することは、とても危険なのです。

男性の偏頭痛

男性

女性と男性では偏頭痛の原因が違います。

男性の場合、

  • 肝臓
  • 呼吸器(肺)
  • 消化器(脾臓)

に関連していることが多く、当店では呼肝臓系と吸器系のツボに施術を行うことで、多くの方が改善しています。

女性に多い偏頭痛

女性

偏頭痛は女性に多く、偏頭痛持ちの約8~9割は女性だといわれています。

最近の研究では、偏頭痛の原因は脳神経から過剰分泌される特殊な物質「CGRP」というものが原因ではないか、とも考えられています。そのため、CGRPを抑制する内服薬を処方する病院もあります。

また、偏頭痛の予防薬として、

  • 抗てんかん薬
  • 心拍数を減らすβ遮断薬
  • 血管を拡張するカルシウム拮抗薬

などがあります。

これらの薬は血圧を上昇させたり血流を低下させる作用があり、脳血管疾患を引き起こす危険性が指摘されています。

「痛みの直接の原因さえ抑制すれば良い」という西洋医学の考え方や医薬品は、必ず副作用が伴うということを忘れてはなりません。

婦人科系疾患との関係

偏頭痛が女性に多い症状と述べましたが、偏頭痛を患う女性の多くが、

  • 生理痛
  • PMS
  • 子宮筋腫・内膜症
  • 不妊症

などの婦人科系疾患があります。

西洋医学では婦人科系疾患と頭痛を別物として考えがちですが、東洋医学では全身を一つとして捉えています。婦人科系に問題があることが頭痛や生理痛などの症状を引き起こしている、と考えるのが東洋医学です。

ですので、施術の際には婦人科系を正常にするツボに鍼灸をいたします。すると、偏頭痛も自然と改善されていくのです。

筋肉の緊張をほぐそう

リラックス

頭痛持ちの人の多くが、肩や首に「こり」があります。

これは、

  • 生活習慣
  • 食生活
  • 姿勢
  • ストレス
  • 浅い睡眠

などが直接の原因ですが、根本原因は気の流れが滞っているために起こる現象です。

マッサージや整体では、痛いところに直接刺激を与えます。すると一時的には気が通りますが、自分の力で気を通した訳ではないので、効果が続きません。また元通りになってしまうでしょう。

東洋医学による鍼灸では、気の流れを正常にする経絡やツボに施術をします。すると、肩や首のこりと頭痛が同時に改善されていくのです。

気圧の変化で起こる頭痛

石丸昌志

「低気圧が来ると頭痛がする」という方も多いのですが、その原因は西洋医学ではわかりません。

天候・季節・時間などが人体にどのように影響するか、という研究があまりなされておらず、見えないものに関しては無視し、患者様に起こっている症状だけをみて判断するためです。

しかし、東洋医学では、

  • 天候
  • 季節
  • 時間
  • 環境

などが大きく人体に作用すると考えています。

水毒

低気圧や台風の時は、大気中の湿度が高くなります。すると、空気はすでに水分をたっぷり含んでいるため、汗をかいても気化しません。

最近は清涼飲料水の飲み過ぎなどで水分が滞留している人が増えており、胃腸が冷えていたり運動不足だったりすると尿として排出することもうまくできません。そんな状態の時に水分を含んだ環境が現れると、体内の水分はますます行き場を失い、体調を崩してしまいます。

これを東洋医学では「水毒(すいどく)」あるいは「水邪(すいじゃ)」といい、体内の水分代謝がうまくいかなくなっている状態です。

こんな時、東洋医学では体内の水はけを良くし、自力で水分の量をコントロールできるように施術していきます。すると低気圧が近づいてきても尿や汗がきちんと出たり、必要以上の水分を欲しいと感じなくなり、頭痛がなくなっていくのです。

このような施術ができるのは、東洋医学だけだと考えております。

頭痛に関する解説動画

当店にて頭痛を改善されたお客様との対談

※施術効果には個人差があります。

おわりに

いかがでしたか?

東洋医学は、気の流れをスムーズにできる体作りを目指す医学です。

頭痛でお悩みの方は、副作用のリスクのある薬に頼らず、ぜひ一度東洋医学専門の東洋はり灸整骨院へご相談ください。

スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。

長年の頭痛を持病とあきらめず、辛い痛みから解放されるよう、一緒に改善していきましょう。