糖尿病・血糖値でお悩みの方へ

糖尿病

東洋はり灸整骨院の石丸です。

今回は、糖尿病についてお話させていただきます。

糖尿病は完治しない?

2012年の厚生労働省の調査によると、約950万人が糖尿病有病者、糖尿病予備軍が1,100万人とされ、まさに「国民病」の様相を呈しています。

2016年7月の成人人口は約1億498万人ですから、日本の成人の約5人に一人が糖尿病かその予備軍という恐ろしい結果です。

そして、糖尿病の恐ろしさは、「完治しないこと」です。

放置しておくと病態は悪化し、平均寿命が男性で約10年、女性は約15年短くなることもわかっています。

糖尿病の症状

糖尿病は、初期症状として多尿や多飲がありますが、その後、

  • 体重減少
  • 疲労
  • 網膜症による失明
  • 腎機能低下による腎不全や尿毒症
  • 神経障害による手足の麻痺

などが起こり、さらには脳卒中や心筋梗塞などで死に至るケースも少なくありません。

アルツハイマー型認知症のリスクが増大し、胃がんの発症にも大きな影響を与えているとの調査結果もあります。

西洋医学(病院)では、

  • 厳しい食事制限
  • 運動
  • インスリン分泌を促す薬剤の投与

などが一般的ですが、元々生活習慣の乱れている人がかかりやすい疾患のため、それをコントロールするのは非常に難しいとされています。

西洋医学で処方される糖尿病施術薬の副作用

西洋医学では、

  • 血糖値を下げるインスリンの分泌を促進させる
  • 食品の糖質吸収を抑制させる
  • 糖を尿で排泄させる

薬の投与やインスリンそのものを注射する方法が取られます。

それによって体重増加や頻尿、低血糖などの副作用が起こることがあり、特に低血糖予防のためにブドウ糖などを常に携行しなくてはなりません。

東洋医学による糖尿病の鍼灸施術

東洋医学で現代病と言える糖尿病の改善ができる、というと驚く方も多いようです。

しかし、現代病というのは生活習慣の乱れや環境の悪化によって体が悲鳴を上げている状態です。それらに打ち勝つ体を作っていけば症状はよくなるのです。

また、食事を少しコントロールすることで、食材の気(エネルギー)にも助けてもらいます。

決して、

  • 「砂糖と塩は絶対ダメ」
  • 「油抜きの低カロリー食」

と決めつけません。

そうではなく、たとえあまり体に良くないとされるものでも、それらを消化・排泄できるだけの体を作り上げる体質改善が最終目的なのです。

東洋医学における血糖値改善法

東洋はり灸整骨院では、以下の方法で糖尿病を改善していきます。

①経絡治療

経絡治療とは、中国の伝統医学を基礎とし、日本で発展した自然療法です。

中国医学は中国の地理環境が強い影響を及ぼしているため、それを日本人の体質に合わせて再度研究し編成されたものです。

各臓腑とつながる経脈(けいみゃく)と、そこから枝分かれした絡脈(らくみゃく)を合わせて経絡といい、その流れが滞っている部分に鍼やお灸で施術します。

②自宅で糖尿病に有効とされるツボにお灸をする

お灸というと熱いイメージがありますが、熱くならないようご指導いたしますのでご安心ください。

  1. 孔最(気を巡らせるツボ)
  2. 地機(消化機能を整えるツボ)

にお灸をしていただきます。

詳しいツボの位置や取り方はこちらの動画をご覧ください。

地機(ちき)
 孔最(こうさい)

③食事療法の指導

鉄火みそ、かぼちゃぜんざい等の食事療法を指導します。

鉄火みそとはごぼう、にんじん、レンコンなどと豆味噌、生姜をごま油で炒めたもので、玄米正食(マクロビオティック)の食養療法でよく使われるものです。造血作用があり、体を芯から温めることで体質改善ができるとされています。

かぼちゃぜんざいも玄米正食では定番で、体を冷やすことなく滞留している水分を排出する作用があり、腎臓の働きをよくしてくれます。さらにビタミンA・C・Eなどが豊富に含まれているので、活性酸素を除去する働きがあり、細胞を元気にしてくれます。

東洋医学なら血糖値の改善も無理なくできる

定期健診で血糖値の異常を指摘され、西洋医学で施術してもなかなか効果が現れない方も来店されます。

皆さん、血糖値が東洋医学の施術で下がっていくので、大変喜んでいらっしゃいます。

東洋医学での鍼灸施術は副作用が少なく、また副作用に負けない体を作っていくのです。

Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病で違う治療法

これまで述べてきたことは、すべて「Ⅱ型糖尿病」と呼ばれる、後天的な生活習慣や環境が原因で起こるものです。

ところが、「Ⅰ型糖尿病」は生体ホルモンのインスリンが全く分泌されない、遺伝子異常による先天的な膵臓機能異常です。

8~12歳頃の思春期に発症することが多く、一生インスリン注射が必要とも言われています。

こればかりは体質を改善するだけでは対応できないため、西洋医学との連携が必須です。

おわりに

いかがでしたか?

東洋医学が信頼に足るものだとご納得いただけましたら、ぜひ東洋医学専門の東洋はり灸整骨院へお越しください。

鍼灸施術だけでなく、食事やお灸などのセルフケアの指導も行いますので、ご自分で体を改善していけるのです。

現在糖尿病でお悩みの方、血糖値が下がらない方はぜひ一度ご相談ください。

スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。