鍼灸院によって”はりの刺激”は全然違う

石丸昌志

東洋はり灸整骨院の石丸です。

本日は、当店で実際に使用しているはりと、その刺激量についてご説明します。

鍼の刺激について 動画解説

東洋はり灸整骨院の鍼の特徴

当店の最大の特徴として、どのような方に対しても『本治法』と呼ばれる生命力を上げる鍼灸施術を行うことです。体の自然治癒力や五臓六腑のパワーを上げることで回復をよくするのです。

銀のはり

その施術の際に使用するはりは、髪の毛程の細さの”銀のはり”です。

銀のはり

銀のはり

鍼

左から美容鍼、一般施術用の鍼、爪楊枝

ものすごく細いですよね。

例えば、よく使う太淵(たいえん)というツボがあります。このツボとツボの道である経絡に、刺すというよりも当てる程度にはりで刺激し、気を流します。こうした気血のめぐりをよくする手技は、はりを刺していないこともあり、全く痛みがありません。

金のはり

また、お子様に対する小児鍼の際には、“ていしん”という純金の鍼を使用します。

純金のはり

このはりは純金ですのでパワーも強く、安定感もあります。太いはりですが、刺しません。

“押し手”と呼ばれる主義で気を補う手技を施したり、後ろを使って1秒間に2~3センチ程度のスピードで経絡をなでる手技を行ったりします。全く痛みのない手技ですが、例えばお子様の喘息などもとても得意としております。

ステンレスのはり

鍼

爪楊枝との比較

当店ではお客様の生命力を上げたあとに、

  • 頭痛
  • 生理痛
  • 腰痛
  • 胃の不調
  • 不眠症
  • うつ病

こういった様々な症状に対してダイレクトにアプローチするような鍼灸施術を行います。その時に使うのは“ステンレスのはり”です。全て使い捨てのはりで、こちらも非常に細いものです。

当店では腰痛でも腰にはりを打つことはなく、腰に関係する経絡にはりをします。「刺さっているのか、いないのか?」という2mm~5mm程の深さで、皮膚にひっかかる程度です。もちろん血も出ませんのでご安心ください。

鍼灸院はラーメン屋と似ている?

ラーメン

当店はこのように刺激の少ない施術法ですが、鍼灸院によってやり方は全く違います。

ラーメン屋さんが、

  • 味噌ラーメン
  • 醤油ラーメン
  • とんこつラーメン
  • 塩ラーメン

と大きく分けられるように、鍼灸は、

  1. 伝統的な鍼
  2. 西洋医学的な理論に則った鍼
  3. スポーツ・美容・不妊の鍼
  4. 自立神経に則った鍼

以上の4つに大きく分けられます。

さらに同じ味のラーメンでも激辛なものからごく薄味の出汁の効いたものまで、同じ味のラーメンも色々な種類がありますよね。

これと同じように、鍼灸院も各店舗ごとに違いがあり、流派によっても全体的なやり方や刺激量に違いがあるのです。鍼灸を受けたことがない人からすれば、どこも同じように感じるかもしれませんが、全く違うものなのです。

「他の鍼灸院のはりは効かなかった」

「私には鍼が合わない」

という方はもしかしたら、ものすごく口に合わないラーメンを食べたようなものかもしれません。美味しいラーメン屋さんに行けば価値観が変わるように、よい鍼灸施術を受ければ目からうろこが落ちるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、「鍼灸院によって”はりの刺激”は全然違う」と題してお話ししました。

当店はとても刺激量が少ない施術法ですので、小さなお子様でも泣くこともございません。鍼が怖いという方には、一切刺さない施術も可能です。

ぜひ一度、東洋医学専門の当店の鍼灸をお試しいただきたいと思います。