ぎっくり腰を改善した患者様の声

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

今回は、当院へお越しいただき、ぎっくり腰、坐骨神経痛の症状を改善された患者様との対談動画をご紹介します。

ぎっくり腰、坐骨神経痛の患者様との対談動画

※施術の効果には、個人差があります。

――東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。本日は患者様にお願いして当院の感想をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

 

患者様 いつもお世話になっています。よろしくお願いします。今から半年以上前、ちょうど6月2日のことです。朝ジョギングをして、出勤するために靴を履こうとかがんだ瞬間に腰がぎくっとして痛くなりました。

 

――ぎっくり腰ですか?

 

患者様 ぎっくり腰だと思います。実は更にその1年か1年半ほど前から左側の腰のずっと下の方まで、坐骨神経痛がありました。整体でのマッサージでごまかしながら過ごしていましたが、ぎっくり腰になる1か月ほど前から痛みが強くなっていました。

 

――なるほど。

 

患者様 そうして右の腰ががくっとぎっくり腰になって、結局両方痛めてしまいました。

 

――両方ですね。

患者様 その後、痛みに耐えられずに整体治療院に行きましたが治らず、近所の鍼灸院でも駄目でした。しかも、その鍼灸院の治療は患部にかなり鍼を刺すので痛みが強く、余計にひどい状態になってしまいました。

 

――なるほど。

 

患者様 これはいけないと次の日別の整体鍼灸院に行きましたが、そこでも患部に鍼などの治療をされて、痛みはひどくなるばかりでした。

 

――余計に痛くなったということですね。

 

患者様 そうですね。それでこれはまずいと思いまして、私の職場から近いところをインターネットで調べたら先生のYouTubeが見つかりましたので、先生のところで治療をしていただくことになりました。

患者様 先生、私の腰は結局昔から悪かったということでしょうか。

 

――そうですね。坐骨神経痛で体全体の機能がおかしくなっていたところが爆発したのでしょう。

 

患者様 なるほど。先生のところでは患部には直接針を打たず、全然違うところに鍼を打っていましたね。半信半疑でしたが、驚きました。

 

――多くの患者さんに「ここが痛いから打ってくれ」と言われますが、90%くらいは他のところに打ちますね。

 

患者様 私も痛いと言いましたが、「大丈夫です。間違いなく治りますよ」とおっしゃって、確かにぎっくり腰の方の痛みは先生の鍼灸治療1回だけで取れました。ただ、坐骨神経痛は何回か通いました。

 

――そうですね。やはり慢性のものですからね。

患者様 ただ、ぎっくり腰のものすごい痛みが取れたので、これはもしかして坐骨の痛みも取れてくるのかなと希望が持てました。また、昔からの冷え性や胃腸が弱いことからくる消化不良の胃詰まりも、通う内に取れると言われました。

 

だからぎっくり腰が治った後も通っていたところ、3~4回過ぎたあたりから車の運転中や接客時の、坐骨の重い感じが無くなりました。そしていつのまにか胃詰まりまで取れてきて、冷えも緩和されてきたのです。体調が変わってきたのかなとも思いました。

 

――体の機能も上がりますからね。

 

患者様 鍼灸の治療をしていただいた先生からは体のバランスが少し良くなってきたと言われました。治療でバランスが整えられたということと、日々の食事の改善をしたことも影響しているのでしょうか?

 

――そうですね。最初の方で行かれた治療院も一生懸命治療されているとは思いますが、患部だけに重点を置いて治療するというのは体全体を診ていないということです。

 

東洋医学は体全体を診て治療するのが一番いい方法だという考え方をします。だから例えば胃腸障害、冷え、坐骨神経痛がある上にぎっくり腰があるという見方をするのです。

 

この患者様はどうしてそれらの症状を持っているのか、体質をよく見極めて治療することでぎっくり腰の痛みも坐骨神経痛も取れ、胃腸症状や冷えもなくなります。

 

これが、

  • 胃は胃腸科
  • ぎっくり腰、坐骨神経痛は整形外科

とバラバラにするとそれぞれの科で痛み止めや胃酸を止める薬が出るだけになってしまいます。

 

内臓は平滑筋という筋肉で出来ています。腰ももちろん筋肉でできていますよね。どちらも筋肉にしっかりと血液が行っていないと働きがおかしくなるのです。

 

しかし、例えばマッサージや局所への鍼で血流を改善したとしても少し経つとまた血流は悪くなります。患部から離れたところから治療を行うのはポンプ作用の機能を上げて、放っておいても自動でずっと動き続けるようにするためです。

 

ですので、よくなるには少し時間がかかりますが、治療のあとも調子がいい状態が続きます。体の機能そのものを上げることが東洋医学の一番の得意技です。

 

坐骨神経痛は慢性症状なので少し時間がかかりますが、ぎっくり腰の場合は、80%位の方は1回の治療で治ります。整形外科では痛み止めの注射などの処置をされた後は、結局自然治癒です。

 

ぎっくり腰や坐骨神経痛を持っている患者様は、ほとんどの場合他の症状も持っています。だからそれらも治療しながらぎっくり腰も治すので結果的に全ての症状がなくなるのです。

――ちなみに私はぎっくり腰をしたことがありません。私の親もそうです。それはぎっくり腰とは違う体質、家系だからです。ぎっくり腰になる人とならない人では体質に違いがあるのです。

 

東洋医学の治療ならぎっくり腰にならない人と同じ体質になることができます。しかし、病院ではこういった治療はできません。

 

病院が得意なのは外科と感染症と救急救命と検査、一型糖尿病などです。多くの方が苦しむ慢性病は東洋医学に勝るものはありません。

 

今国民医療費が42兆円になろうとしているのは、医療の使い分けができずに高血圧などで一生薬漬けになるような人が溢れているからです。

 

原因もわからず、治すことが出来ずに薬を飲ませるのは治療ではない、ただのお金儲けです。けしからん話です。薬を飲まなくても健康な状態を作り、患者様を減らすことが本当の医療です。

 

ちょっと話が脱線しましたが、東洋医学の治療でぎっくり腰だけでなく、慢性病を治していこうというお話をさせていただきました。本日はどうもありがとうございました。

 

患者様 ありがとうございました。