風邪薬について【1】実はほとんどの風邪に効果がない?

東洋はり灸整骨院の石丸昌志です。

「季節の変わり目などは特に風邪を引いてしまう…」という方も多いのではないでしょうか。

そもそも風邪はウィルスや細菌などが外から入り、体の中で悪さをしている状態です。そのため、ウィルスや細菌を薬で殺すことが出来れば良くなります。

風邪の90%はウィルス感染症で、残りの10%は細菌感染症と言われています。

細菌感染症の場合、抗生物質で殺すことができますが、ウィルスを殺す薬は存在しないのが現状です。

そこで本日は、「風邪薬は、ほとんどの風邪に効果がない?」と題してお話しをしたいと思います。

風邪薬について 解説動画

病院で抗生物質を処方する理由

薬

病院では、「ウィルス感染症なのか」「細菌感染症なのか」は調べていません。

ではなぜ、風邪を引いた時に抗生物質を出すのかというと、もしも細菌感染症であるならば抗生物質が効くため。そして、二次感染予防のためです。

ウィルス感染であっても風邪を引けば体は弱り、さらに黴菌、細菌にも感染する可能性があります。それを予防するために抗生物質を出しているのです。

抗生物質について

しかし医療系の本の中には、二次感染予防で薬を出すのは良くないという考えがあります。

「細菌感染症、溶連菌など明らかに細菌感染症が疑われる場合のみ抗生物質を飲むべきだ」というのです。

必要のない時に抗生物質を飲むことで腸内細菌まで全て殺してしまうからです。

腸内細菌がいなくなると免疫が落ちますが、抗生物質ではウィルスは殺せないため、なかなか体内から排除することができなくなってしまうのです。

試しにインターネットで

  • 『風邪薬 ない』
  • 『風邪薬 できたらノーベル賞』

などと検索してみてください。

風邪薬やウィルスを殺す薬がないことがよく分かると思います。

まとめ

石丸昌志

いかがでしたか?

本日は、「風邪薬について【パート1】実はほとんどの風邪に効果がない?」について、お話しさせていただきました。

上述している通り、抗生物質を飲むとよく効く場合とそうでない場合があることを認識しておきましょう。

また、風邪を引いて病院に行かれた場合は、医師にウィルス感染症なのか、細菌感染症なのかをしっかり確認すると良いでしょう。

検査等で細菌感染症だとはっきりしている際に、抗生物質を飲むと薬も効きます。ウィルス感染症の場合は薬を飲めば症状は抑えられるかもしれませんが、結局は治りも遅くなります。それなら、寝ている方が早く回復するでしょう。

今回は、風邪を引いた時のお話をしましたが、基本的には季節の変わり目でも風邪を引かない体にすることを心がけましょうね。